レポート:レポート スケジュールの実行履歴の表示

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、スケジュール設定されたレポートの実行履歴を表示する手順について説明します。実行済みのレポート スケジュールの履歴を表示できます。次の基準に基づいて履歴を表示できます。 

  • 過去の実行回数
  • 期間(開始日および終了日を指定)

レポート スケジュールが実行された回数、実行時間(秒)、実行状態などの詳細を表示できます。また、生成されたレポートを全画面表示することもできます。 

前提条件

[実行履歴]パネルのコンポーネントについて理解している必要があります。詳細は、次のトピックを参照してください:[実行履歴]パネル.

手順

レポート スケジュールの実行履歴を表示するには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、レポート]をクリックします。
    [管理]タブが表示されます。
  2. レポート]をクリックします。
    [レポート]ビューが表示されます。 
  3. レポート]パネルで、次のいずれかを実行します。
    • report_list_options.png>[レポート スケジュールの表示]をクリックします。
    • スケジュール数]列をクリックします。
      [レポート スケジュール]タブが開き、各スケジュールのステータスが表示されます。
  4. 次のいずれかを実行します。
    • レポート スケジュールを選択し、>[実行履歴]をクリックします。
    • レポート スケジュールを選択し、をクリックします。
      [実行履歴]ビューが表示されます。

    注:デフォルトでは、レポート スケジュールの実行履歴を10個表示できます。表示される実行履歴は、[Administration]>[サービス]>[Reporting Engine]>[構成]ビューの[全般]タブで設定されているレポート履歴の保持日数によって異なります。
    たとえば、レポート履歴の保持日数を100日間に設定した場合、[実行履歴]ビューに表示されるデータは、現在の日付を基準にした過去100日間の実行履歴の詳細です。

  5. 履歴の取得]フィールドで、履歴の取得方法を選択します (たとえば、[過去の実行回数]や[範囲(特定)]など)。
  6. カウント]フィールドに、表示する実行履歴の数を入力します。
  7. 履歴の表示]をクリックします。
    レポート スケジュールの実行履歴が表示されます。
You are here
Table of Contents > Reportsモジュールのレポートの操作 > レポートのスケジュール > 基本的な手順 > レポート スケジュールの実行履歴の表示

Attachments

    Outcomes