レポート:IPDBイベント ソースの指定

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、指定可能なIPDBイベント ソースについて説明します。IPDBイベント ソースを指定するには、ワイルドカードを使用するか、イベント ソースの完全なアドレスを指定します。次の表に、サポートされるIPDBイベント ソースのリストを示します。

                             
イベント ソース説明
*:*:*:*:*すべてのドメイン、サイト、ノード、デバイス タイプ(イベント ソース タイプ)、イベント ソースIPアドレス。Security Analyticsは、ドメインおよびサイトのシングル サイト ワイルドカードをサポートしています。 
domain:site:*:*:*指定されたサイトのすべてのノード、デバイス タイプ、イベント ソースIPアドレス。
domain:site:node:*:*指定されたノードのすべてのデバイス タイプおよびイベント ソースIPアドレス。
domain:site:node:devicetype:*指定されたドメイン、サイト、ノード、デバイス タイプのすべてのイベント ソースIPアドレス。
domain:site:node:devicetype:event-source-address1,domain:site:node:devicetype:event-source-address2,...domain:site:node:devicetype:event-source-addressN.複数のイベント ソースをコンマで区切ったリスト。
You are here
Table of Contents > Reportsモジュールの参考資料 > ルールに関する参考情報 > IPDBイベント ソースの指定

Attachments

    Outcomes