MapR:RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、RSA Analytics Warehouse(MapR)のノードを構成する手順について説明します。このトピックは、MapRを実行しているRSA Analytics Warehouseインスタンスにのみ適用されます。

前提条件

以下の項目について確認します。

  • ネットワーク環境にRSA Analytics Warehouse(Warehouse)アプライアンスをインストールしていること。詳細については、「ハードウェア構成ガイド」の「RSA Analytics Warehouse(MapR)設定ガイド」を参照してください。
  • Warehouseアプライアンスのネットワーク インタフェースを構成していること。

手順

以下の手順を記載された順序で実行し、Warehouseを設定します。Warehouseアプライアンスをクラスタ構成で設定する場合は、クラスタ内のすべてのアプライアンスで次のタスクを実行します。

注意:システム要件は必須項目です。導入環境に応じて「Security Analytics Warehouse設定ガイド」または「仮想ホスト設定ガイド」の記載内容どおりにネットワーク構成を設定していない場合、インストールは失敗します。 

                                       
プロセスタスクと手順
  1. アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ1:アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新.
  1. Warehouseアプライアンスの構成テンプレート ファイルを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ2:構成テンプレート ファイルの更新.
  1. RSA Analytics Warehouseクラスタをアップグレードする。
次のトピックを参照してください:ステップ3:Warehouseクラスタのアップグレード.
  1. Warehouseライセンス ファイルをインストールする。
次のトピックを参照してください: ステップ4:Warehouseライセンス ファイルのインストール.
  1. 仮想IPアドレスを生成する。
次のトピックを参照してください: ステップ5:プライマリ アプライアンスでの仮想IPアドレスの生成.
  1. Warehouseに書き込むためにWarehouse Connectorを構成する。
次のトピックを参照してください: ステップ6:ConnectorでのWarehouseへの書き込みの構成.
  1. Warehouseの他のSecurity Analyticsサービスを構成する。 
次のトピックを参照してください:ステップ7:他のSecurity Analyticsサービスの構成.

構成後のステップ

次の表に、Warehouseを構成した後で実行できるオプションのタスクを示します。

                                                   
プロセスタスクと手順
  1. アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ1:アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新.
  1. Warehouseアプライアンスの構成テンプレート ファイルを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ2:構成テンプレート ファイルの更新.
  1. RSA Analytics Warehouseクラスタをアップグレードする。
次のトピックを参照してください:ステップ3:Warehouseクラスタのアップグレード.
  1. Warehouseライセンス ファイルをインストールする。
次のトピックを参照してください: ステップ4:Warehouseライセンス ファイルのインストール.
  1. 仮想IPアドレスを生成する。
次のトピックを参照してください:ステップ5:プライマリ アプライアンスでの仮想IPアドレスの生成.
  1. Warehouseに書き込むためにWarehouse Connectorを構成する。
次のトピックを参照してください: ステップ6:ConnectorでのWarehouseへの書き込みの構成.
  1. Warehouseの他のSecurity Analyticsサービスを構成する。 
次のトピックを参照してください:ステップ7:他のSecurity Analyticsサービスの構成.
タスク参考情報
  1. Warehouseクラスタを管理するためにMapR Control Systemのユーザー インタフェースにアクセスする。
次のトピックを参照してください: クラスタ管理のためのMapR Control Systemユーザー インタフェースへのアクセス.
  1. WarehouseクラスタでMapR Metricsを有効化する。
次のトピックを参照してください: RSA Analytics WarehouseクラスタでのMapR Metricsの有効化.
You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成

Attachments

    Outcomes