MapR:RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、RSA Analytics Warehouse(MapR)のノードを構成する手順について説明します。このトピックは、MapRを実行しているRSA Analytics Warehouseインスタンスにのみ適用されます。

前提条件

以下の項目について確認します。

  • ネットワーク環境にRSA Analytics Warehouse(Warehouse)アプライアンスをインストールしていること。詳細については、「ハードウェア構成ガイド」の「RSA Analytics Warehouse(MapR)設定ガイド」を参照してください。
  • Warehouseアプライアンスのネットワーク インタフェースを構成していること。

手順

以下の手順を記載された順序で実行し、Warehouseを設定します。Warehouseアプライアンスをクラスタ構成で設定する場合は、クラスタ内のすべてのアプライアンスで次のタスクを実行します。

注意:システム要件は必須項目です。導入環境に応じて「Security Analytics Warehouse設定ガイド」または「仮想ホスト設定ガイド」の記載内容どおりにネットワーク構成を設定していない場合、インストールは失敗します。 

                                       
プロセスタスクと手順
  1. アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ1:アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新.
  1. Warehouseアプライアンスの構成テンプレート ファイルを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ2:構成テンプレート ファイルの更新.
  1. RSA Analytics Warehouseクラスタをアップグレードする。
次のトピックを参照してください:ステップ3:Warehouseクラスタのアップグレード.
  1. Warehouseライセンス ファイルをインストールする。
次のトピックを参照してください: ステップ4:Warehouseライセンス ファイルのインストール.
  1. 仮想IPアドレスを生成する。
次のトピックを参照してください: ステップ5:プライマリ アプライアンスでの仮想IPアドレスの生成.
  1. Warehouseに書き込むためにWarehouse Connectorを構成する。
次のトピックを参照してください: ステップ6:ConnectorでのWarehouseへの書き込みの構成.
  1. Warehouseの他のSecurity Analyticsサービスを構成する。 
次のトピックを参照してください:ステップ7:他のSecurity Analyticsサービスの構成.

構成後のステップ

次の表に、Warehouseを構成した後で実行できるオプションのタスクを示します。

                                                   
プロセスタスクと手順
  1. アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ1:アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新.
  1. Warehouseアプライアンスの構成テンプレート ファイルを更新する。
次のトピックを参照してください: ステップ2:構成テンプレート ファイルの更新.
  1. RSA Analytics Warehouseクラスタをアップグレードする。
次のトピックを参照してください:ステップ3:Warehouseクラスタのアップグレード.
  1. Warehouseライセンス ファイルをインストールする。
次のトピックを参照してください: ステップ4:Warehouseライセンス ファイルのインストール.
  1. 仮想IPアドレスを生成する。
次のトピックを参照してください:ステップ5:プライマリ アプライアンスでの仮想IPアドレスの生成.
  1. Warehouseに書き込むためにWarehouse Connectorを構成する。
次のトピックを参照してください: ステップ6:ConnectorでのWarehouseへの書き込みの構成.
  1. Warehouseの他のSecurity Analyticsサービスを構成する。 
次のトピックを参照してください:ステップ7:他のSecurity Analyticsサービスの構成.
タスク参考情報
  1. Warehouseクラスタを管理するためにMapR Control Systemのユーザー インタフェースにアクセスする。
次のトピックを参照してください: クラスタ管理のためのMapR Control Systemユーザー インタフェースへのアクセス.
  1. WarehouseクラスタでMapR Metricsを有効化する。
次のトピックを参照してください: RSA Analytics WarehouseクラスタでのMapR Metricsの有効化.
You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成

Attachments

    Outcomes