MapR:Warehouse ConnectorへのWarehouseのマウント

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Warehouse ConnectorにRSA Analytics Warehouseをマウントする手順について説明します。

前提条件

Warehouse ConnectorサービスをインストールしたアプライアンスにNetwork File Systemパッケージがインストールされていることを確認します。  

手順

RSA Analytics Warehouseへデータを書き込むWarehouse ConnectorサービスにRSA Analytics Warehouseをマウントするには、次の手順を実行します。

  1. /sawという名前の新しいディレクトリを作成するために、次のコマンドを実行します。
    mkdir /saw
  2. 次のコマンドを実行します。
    ll /
    作成したディレクトリが表示されます。
  3. Warehouseをマウントするには、次のコマンドを実行します。
    mount -t nfs -o nolock,tcp,hard,intr <IP_Address_for_SAW>:/mapr/<cluster-name> /saw
    ここで、<IP_Address_for_SAW>は、クラスタ内のプライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレス、<cluster-name>は、テンプレート ファイルで指定されている名前です。 
  4. 注:Warehouseに仮想IPアドレスが構成されている場合は、<IP_Address_for_SAW>に仮想IPアドレスを使用する必要があります。

  5. Warehouseが正常にマウントされているかどうかを確認するために、次のコマンドを実行します。
    mount
    プライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレスとステップ3で指定した詳細オプションが出力メッセージの最後の行に表示されます。
  6. 新しく作成した/sawディレクトリの内容を表示するには、次のコマンドを実行します。
    ll /saw
    次のディレクトリが表示されます。
    hbase
    index-scratch
    jars
    logs
    user
    var
  7. NFSの自動マウント オプションを設定するには、次の操作を実行します。
    1. プライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレスとマウント オプションが/etc/fstabに設定されているかどうかを確認するために、次のコマンドを実行します。
      cat /etc/fstab
      /etc/fstabファイルに詳細が示されない場合は、次のステップを実行します。
    2. 次のコマンドを実行します。
      tail –n 1 /etc/mtab
      プライマリWarehouseアプライアンスのIPアドレスとWarehouseのマウント オプションが、出力メッセージの最後の行に表示されます。
    3. 次のコマンドを実行します。
      tail –n 1 /etc/mtab >> /etc/fstab
    4. /etc/fstabファイルを編集し、ファイルの末尾に単語「auto」を追加します。次のコマンドを実行します。
      vi /etc/fstab
      例:10.11.111.11:/mapr/saw /saw nfs rw,nolock,tcp,auto,addr=10.11.111.11 0 0
You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成 > ステップ6:ConnectorでのWarehouseへの書き込みの構成 > Warehouse ConnectorへのWarehouseのマウント

Attachments

    Outcomes