MapR:ステップ4:Warehouseライセンス ファイルのインストール

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、WarehouseアプライアンスのRSA Analytics Warehouse(Warehouse)ライセンス ファイルを手動でインストールする手順について説明します。WarehouseアプライアンスでWarehouseライセンス ファイルを手動でインストールする必要があります。Warehouseアプライアンスをクラスタで構成する場合、クラスタ内の最初のWarehouseアプライアンスにライセンス ファイルをインストールする必要があります。

前提条件

以下の項目について確認します。

  • Warehouseライセンス ファイルを取得していること。
  • USBドライブまたはSCPを使用して、クラスター内の最初のWarehouseアプライアンスの/rootディレクトリにライセンス ファイルをコピーしていること。

手順

Warehouseライセンス ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. rootユーザーとしてアプライアンスにログオンします。
  2. ライセンス ファイルをインストールするには、次のコマンドを入力します。

    maprcli license add –is_file true –license <license_filename>

    ここで、<license_filename>はRSA Analytics Warehouseライセンス ファイルのファイル名です。
    ライセンス ファイルは出力メッセージなしでインストールされます。構成テンプレート ファイルでinternalnetworksパラメーターに値を設定した場合、Warehouseが構成テンプレート ファイルに入力されたネットワークでのみ通信するように構成することを推奨する警告メッセージが表示されます。この警告は機能的な問題ではないため、無視できます。

  3. ライセンス ファイルのインストールを確認するには、次のコマンドを入力します。

    maprcli license list

    出力メッセージがコンソール スクリーンに表示されます。出力メッセージの最後の2行が、次のサンプルのように表示されます。

    hash: "b8xO1flW8EMNSqq7zztn8D2BXnQ="
    3 May 14, 2013

  4. すべてのディレクトリのリストを表示するには、次のコマンドを実行します。

    hadoop fs -ls /

You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成 > ステップ4:Warehouseライセンス ファイルのインストール

Attachments

    Outcomes