MapR:MapR Control Systemを使用したHbaseサービスの停止

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、MapR Control Systemを使用してHbaseサービスを停止する方法について説明します。VRM(Vulnerability Response Management)を使用しない場合、Hbaseサービスを停止して構成済みのメモリを解放し、他のリソースで使用できるようにします。 

手順

  1. 以下の手順に従い、MapR Control Systemのユーザー インタフェースにログオンします:クラスタ管理のためのMapR Control Systemユーザー インタフェースへのアクセス.
  2. HBase Masterサービスを停止するには、ダッシュボードの[Services]セクションで、HBase Masterサービスの[Actv]列にある数字をクリックします。これがHBase Masterサービスでアクティブなサービスの数字となります。
    Hbase1.png
  3. Cluster Nodes]タブで[Manage Services]をクリックします。
    Hbase2.png

    Manage Node Services]ダイアログが表示されます。
    Hbase3.png
  4. HBase Master]フィールドで[Stop]を選択します。
    Hbase4.png
  5. <number_of_nodes>個のノードを変更]をクリックします。
    <number_of_nodes>は、選択したアクティブ ノードの数です。
    たとえば、[Change 3 Nodes]をクリックします。
    Hbase5.png
    選択したノードのHbase Masterサービスが停止状態になります。
  6. Hbase RegionServerサービスを停止するには、Hbase RegionServerサービスに対してステップ2~5を繰り返します。
Next Topic:追加の手順
You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成 > ステップ7:他のSecurity Analyticsサービスの構成 > MapR Control Systemを使用したHbaseサービスの停止

Attachments

    Outcomes