MapR:MapR Control Systemを使用したHbaseサービスの停止

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、MapR Control Systemを使用してHbaseサービスを停止する方法について説明します。VRM(Vulnerability Response Management)を使用しない場合、Hbaseサービスを停止して構成済みのメモリを解放し、他のリソースで使用できるようにします。 

手順

  1. 以下の手順に従い、MapR Control Systemのユーザー インタフェースにログオンします:クラスタ管理のためのMapR Control Systemユーザー インタフェースへのアクセス.
  2. HBase Masterサービスを停止するには、ダッシュボードの[Services]セクションで、HBase Masterサービスの[Actv]列にある数字をクリックします。これがHBase Masterサービスでアクティブなサービスの数字となります。
    Hbase1.png
  3. Cluster Nodes]タブで[Manage Services]をクリックします。
    Hbase2.png

    Manage Node Services]ダイアログが表示されます。
    Hbase3.png
  4. HBase Master]フィールドで[Stop]を選択します。
    Hbase4.png
  5. <number_of_nodes>個のノードを変更]をクリックします。
    <number_of_nodes>は、選択したアクティブ ノードの数です。
    たとえば、[Change 3 Nodes]をクリックします。
    Hbase5.png
    選択したノードのHbase Masterサービスが停止状態になります。
  6. Hbase RegionServerサービスを停止するには、Hbase RegionServerサービスに対してステップ2~5を繰り返します。
Next Topic:追加の手順
You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成 > ステップ7:他のSecurity Analyticsサービスの構成 > MapR Control Systemを使用したHbaseサービスの停止

Attachments

    Outcomes