MapR:ステップ1:アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、クラスタのアプライアンス上のUUIDを手動で生成してデフォルトのUUIDを更新する手順について説明します。

手順

クラスタのアプライアンス上のUUIDを手動で生成してデフォルトのUUIDを更新する必要があります。UUIDは、クラスタ内のアプライアンスに固有である必要があります。

アプライアンスでUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新する方法

  1. rootユーザーとしてアプライアンスにログオンします。
  2. UUIDを生成して適切なファイルにコピーするには、次のコマンドを実行します。
    • /opt/mapr/server/mruuidgen > /opt/mapr/hostid
    • cp /opt/mapr/hostid /opt/mapr/server/hostid.xxxxx
    ここでxxxxxは、既存のファイルにランダムに割り当てられる5桁の数字のことです。

    注:このファイルの完全な名前は、/opt/mapr/serverを確認します。

  3. アプライアンスを再起動するには、次のコマンドを実行します。
    reboot
You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouse(MapR)の構成 > ステップ1:アプライアンスのUUIDを生成してデフォルトのUUIDを更新

Attachments

    Outcomes