MapR:RSA Analytics Warehouseの概要

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017Last modified by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、RSA Analytics Warehouseの概要について説明します。  RSA Analytics Warehouseは、Security Analyticsのデータを収集、管理し、高度な分析とレポート作成を行うことができるHadoopベースの分散コンピューティング システムによって、最新の、あるいは長期間にわたる大量のデータを処理する能力を備えています。RSA Analytics WarehouseがメタデータやイベントをDecoderやLog Decoderから収集して、Hadoopベースの分散コンピューティング システムにAVRO形式で書き込むためには、Warehouse Connectorサービスが必要です。Warehouse Connectorの詳細については、「Warehouse Connector構成ガイド」のトピック「Warehouse Connectorの概要」を参照してください。

Warehouseは、組織におけるデータの分析やアーカイブ、取り出しなどの要件に応じて、3ノード以上のクラスタで構成します。 

次の図は、RSA Analytics Warehouseコンポーネントを実装する場合のSecurity Analyticsネットワークのアーキテクチャを示しています。

104MarkDiagramNoPiv.png

このガイドには、MapRを実行しているRSA Analytics Warehouseインスタンスを想定した構成手順のみを紹介しています。

You are here
Table of Contents > RSA Analytics Warehouseの概要

Attachments

    Outcomes