SA構成:[ESAの設定]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、クロスサイト相関を有効化/無効化することのできる[ESAの設定]パネルについて説明します。クロスサイト相関は、評価環境でのみ使用可能な新しい機能です。この機能は、広く使用されることを想定したものではありません。

注意:クロスサイト相関機能を有効にする場合は、評価プログラムに参加いただく必要があります。この機能は本番環境での使用はサポートされていません。 

[ESAの設定]パネルにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで、[ESA]を選択します。
    AdmESASetngs.png

機能

[ESAの設定]パネルの機能:

  • [クロスサイト相関の有効化]チェックボックス:オンの場合、ESAのクロスサイト相関は有効です。[Administration]>[アラート]>[構成]で導入環境を追加するとき、同じルール セットを複数のESAサービスに導入することによって、ルールの処理を一元化することができます。 
  • [適用]ボタン:選択をアクティブ化します。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > [ESAの設定]パネル

Attachments

    Outcomes