SA構成:グローバル監査ログの構成の編集

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、グローバル監査ログの構成を編集する方法について説明します。グローバル監査ログの構成を編集して、別の通知サーバを選択することにより、グローバル監査ログの送信先を変更することができます。また別の通知テンプレートを選択して、グローバル監査ログのエントリーの形式やメッセージのフィールドを変更することもできます。通知サーバやテンプレートの変更は、[グローバル通知]パネルで行います。[グローバル通知]パネルにアクセスするには、[グローバル監査ログの構成]パネルで[設定を表示]リンクをクリックします。

グローバル監査ログへの記録および送信の対象となるSecurity Analyticsユーザー アクションを変更することはできません。 

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで、[グローバル監査]を選択します。
  3. グローバル監査ログの構成]パネルで、編集する構成を選択してをクリックします。
  4. 新しい構成の追加]ダイアログで、グローバル監査ログの構成を必要に応じて変更します。構成名を変更して、別の通知サーバまたはテンプレートを選択することができます。
  5. 保存]をクリックします。
You are here
Table of Contents > SA構成:グローバル監査ログの構成の編集

Attachments

    Outcomes