SA構成:[コンテキスト メニュー]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

[コンテキスト メニュー]パネルでは、管理者が、標準で組み込まれているコンテキスト メニューのアクションを表示し、コンテキスト メニューにオプションとして表示するカスタム アクションを追加、編集、削除することができます。関連する手順については、「コンテキスト メニューのカスタム アクションの追加」で説明します。

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで、[コンテキスト メニュー]を選択します。

次の図は、[コンテキスト メニュー]パネルの例を示しています。
CntxtMenu.png

機能

[コンテキスト メニュー]パネルには、グリッドとツールバーがあります。次の表で、ツールバーのオプションとグリッドの機能について説明します。

                                                     
機能説明
add.png[コンテキスト メニュー構成]ダイアログが表示されます。ここで新しいコンテキスト アクションを作成できます。
Refresh.pngリストを更新します。
delete.png選択したコンテキスト アクションを削除します。Security Analyticsではアクションの削除について、再確認しません。選択したアクションはただちに削除されます。
edit.png[コンテキスト アクションの編集]ダイアログが表示されます。ここで既存のコンテキスト アクションを編集できます。
メニュー アイテムコンテキスト メニューに表示されるメニュー アイテムの表示名。
コンテキスト メニュー アクションを作成する場合、パラメータはdisplayNameです。
次にサンプル コードを示します。
"displayName": "User Agent String Lookup”
IDコンテキスト アクションの一意のID。コンテキスト メニュー アクションを作成する場合、パラメータはidです。
次にサンプル コードを示します。
"id": "UserAgentStringAction"
バージョンコンテキスト メニュー アクションのバージョン番号。コンテキスト メニュー アクションを作成する場合、パラメータはversionです。
次にサンプル コードを示します。
"version": "1"
タイプコンテキスト アクションのタイプ。

コンテキスト メニュー アクションを作成する場合、パラメータはtype.です。すべてのSecurity Analyticsのコンテキスト アクションのタイプは、次の文字列で始まります。 
UAP.common.contextmenu.actions.
文字列の最後の部分には、Security Analyticsのメニューを指定します。例えば、URLContextActionLivePostContextActionを指定します。

次にサンプル コードを示します。
"type": "UAP.common.contextmenu.actions.URLContextAction"
モジュールコンテキスト メニュー アクションが使用されるモジュール名。現在、標準で組み込まれているコンテキスト メニュー アクションは、すべてInvestigationモジュールで使用するものです。
コンテキスト メニュー アクションを作成する場合、パラメータはmodulesです。
次にサンプル コードを示します。
"modules": [ 
         "investigation" 
     ],
モジュール クラスコンテキスト メニュー アクションが使用されるモジュールのビューの名前を特定するCSSクラス。現在、標準で組み込まれているコンテキスト メニュー アクションは、すべてInvestigationモジュールで使用されます。非メタ キー モジュール クラスについては、以下で詳細に説明します。
次に数行のサンプル コードを示します。
"moduleClasses": [ 
         "UAP.investigation.navigate.view.NavigationPanel”, <-- Enabled in Navigate pane--> 
        “UAP.investigation.events.view.EventGrid”
     ],
CSSクラスコンテキスト メニュー アクションに適用されるCSSクラス。CSSクラスは、右クリックしたときにコンテキスト メニューが表示されるInvestigationモジュール内の場所を定義します。コンテキスト メニュー アクションを作成する場合、パラメータはcssClassesです。
次にサンプル コードを示します。
"cssClasses": [ 
         “client”
]

追加できるCSSクラスのほとんどはメタ キーです。一部の非メタ キーのCSSクラスを追加することもできます。詳細と例については以下を参照してください。

CSSクラスと例

CSSクラスには、メタ キーと非メタ キーがあります。

メタ キーCSSクラス

追加できるCSSクラスのタイプの1つはメタ キーです。メタ キーにピリオドが含まれている場合は、CSSクラスを定義するときにピリオドをダッシュに変更します。たとえば、alias.hostというメタ キーは、alias-hostというCSSクラスになります。ip.srcというメタ キーは、ip-srcというCSSクラスになります。  

非メタ キーCSSクラス

標準提供の非メタ キーCSSクラスも利用できます。次の表のクラスは、アクションとそのアクションを使用できるユーザー インタフェースの場所を定義します。

                                        
CSSクラスタイプ説明
meta-value-session-linkアクションメタのセッション カウント数の上で開く
meta-value-name-linkアクションメタの値の名前の上で開く
nw-event-valueアクション
 
メタ値の再構築コンテキスト アクションで使用します。
UAP.investigation.navigate.view.
NavigationPanel
ユーザー インタフェース[ナビゲート]ビューに適用します。
UAP.investigation.events.view.
EventGrid
ユーザー インタフェース[イベント]ビューに適用します。
UAP.investigation.reconstruction.view.
content.ReconstructedEventDataGrid
ユーザー インタフェース[イベントの再構築]ビューに適用します。

コンテキスト メニュー アクションのコメント入りのサンプルコードを以下に示します。クライアント アプリケーション(client)メタ キーからユーザー エージェントを検証します。コメントは、[Administration]>[システム]ビューで適用すると自動的に削除されます。ブラウザを再起動した後、新しいメニュー アイテムが表示されます。
{
     "displayName": "User Agent String Lookup”, <!-- What name shows up in SA UI --> 
     "cssClasses": [ 
         “client”  <!-- What meta key to launch from --> 
     ], 
     "description": "", 
     "type": "UAP.common.contextmenu.actions.URLContextAction", 
     "version": "1", 
     "modules": [ 
         "investigation" 
     ], 
     "local": "false", 
     "groupName": "externalLookupGroup”, <!-- What group to show link in. Remove line to show in main list --> 
     "urlFormat": "http://www.useragentstring.com/?uas={0}&getText=all”, <!-- The {0} gets replaced with whatever was right clicked on --> 
     "disabled": "", 
     "id": "UserAgentStringAction", 
    "moduleClasses": [ 
         "UAP.investigation.navigate.view.NavigationPanel”, <-- Enabled in Navigate pane--> 
        “UAP.investigation.events.view.EventGrid” <-- Enabled in Event View pane --> 
     ], 
     "openInNewTab": "true", 
     "order": "15" 

You are here
Table of Contents > 参考資料 > [コンテキスト メニュー]パネル

Attachments

    Outcomes