SA構成:Liveフィードバック用にデータをRSAにアップロード

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Security Analyticsの管理者が、LiveフィードバックのためにSecurity Analyticsのメトリックをエクスポートする手順について説明します。

概要

Liveアカウントを構成していない場合は、使用状況データをRSAに手動でアップロードすることができます。詳細については、次のトピックを参照してください:[Liveサービス構成]パネル.

[Liveアカウント]セクションでは、Liveフィードバック アクティビティ ログをダウンロードできます。このログに、Liveフィードバックに必要な使用状況データが含まれます。この機能は、Liveアカウントの構成の有無に関係なくアクティブです。

まずLiveフィードバックの履歴データをダウンロードし、次にこのデータをRSAにアップロードして共有します。

Liveフィードバックの履歴データのダウンロード

Liveフィードバックの履歴データをダウンロードするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで、[Liveサービス]を選択します。
    Liveアカウント]画面に、[RSA Liveステータス]と[Liveフィードバック アクティビティ ログをダウンロード]が表示されます。
  1. Liveフィードバック アクティビティ ログをダウンロード]をクリックします。

Liveフィードバック アクティビティ ログのダウンロード]ウィンドウが開きます。ここでSecurity AnalyticsユーザーはLiveフィードバックの履歴データをダウンロードできます。

LiveDownload.png

  1. チェックボックスを選択してエントリーを1つ以上選択し、[ダウンロード]をクリックします。

注:履歴テーブルのエントリーを複数選択した場合は、1つのzipファイルに各月のJSONファイルが個別に含まれます。 

ダウンロードしたLiveフィードバックのデータはJSON形式で、zipファイルに圧縮されています。詳細については、次のトピックを参照してください:Liveフィードバックの概要.

RSAとのデータの共有

Liveフィードバックのデータをダウンロードした後、次の手順を使用して、RSAにアップロードすることができます。

RSAとデータを共有するには、次の手順を実行します。

  1. Liveフィードバック アクティビティ ログ]ウィンドウに表示される[RSAセキュア ポータル]リンクをクリックします。
    RSA Security Analytics Liveフィードバックのログイン画面が表示されます。
  2. Live IDの認証情報を使用して[Upload Live Feedback Activity Log]ポータルにログインします。

  1. Choose File]をクリックし、ダウンロードしたファイルを選択します。

  1. Upload]をクリックします。
You are here
Table of Contents > 標準的な手順 > Liveサービス設定の構成 > RSAへのデータのアップロード

Attachments

    Outcomes