SA構成:[メールサーバ設定]パネル

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[システム]ビューの[メールサーバ設定]パネルでのメールの構成について説明します。RSA Security Analyticsは、各種のシステム イベントに関する通知をユーザーにメールで送信できます。メール通知機能を利用するには、まずSMTPメール サーバを構成する必要があります(次のトピックを参照してください:メール サーバおよび通知アカウントの構成).

[メール サーバー設定]パネルでは、次の機能を使用できます。

  • メール サーバの構成。
  • 通知を受信するアカウントの設定。
  • メール操作に関する統計の表示。

[メール サーバ設定]パネルにアクセスするには、次の手順を実行します。 

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
    [Administration]の[システム]ビューが表示されます。
  2. [オプション]パネルで[メール]を選択します。
    EmailSvrSet.png

機能

メール サーバ設定]パネルには、[メール サーバ設定]と[メール統計]の2つのセクションがあります。

メール サーバ設定

メール サーバ設定]セクションでは、次のパラメータを構成します。

                                         
機能説明
メール サーバメール サーバ名。デフォルト値はmail.google.comです。
ポートメールの送受信に使用するサーバ ポート。デフォルト値は[25]です。
SSLメール サーバとSecurity Analyticsの通信にSSLを使用する場合の設定。デフォルトでは、有効になっていません(オフ)。
差出人アドレスSecurity Analyticsから送信するすべてのメールで使用される差出人アドレス。メールのデフォルトの差出人アドレスは、do-not-reply@rsa.comです。
ユーザー名メール サーバにアクセスするためのユーザー名。デフォルト値は空白です。
ユーザー パスワードメール サーバにアクセスするためのユーザー パスワード。デフォルト値は空白です。
接続のテストメール サーバへの接続をテストします。
適用メール通知の構成をこのSecurity Analyticsのインスタンスに適用します。

メール統計

メール統計]セクションには、メール通知(成功および失敗)の数や、最後に実行されたメール通知の時刻などが表示されます。統計ごとに値が表示されます。

You are here
Table of Contents > 参考資料 > [メールサーバ設定]パネル

Attachments

    Outcomes