SA構成:[サーバ]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、[グローバル通知]>[サーバ]タブのコンポーネントについて説明します。このタブでは、通知サーバを構成できます。グローバル通知の構成では、ESM(イベント ソース管理)、ヘルスモニタ、グローバル監査ログ、ESA(Event Stream Analysis)、インシデント管理で使用する通知設定を定義します。 

通知サーバの構成は[サーバ]タブで行います。[サーバ]タブでは、ユーザー宛てにシステム通知を送信するサーバを追加します。グローバル監査ログでは、Syslog通知サーバとしてLog Decoderを定義できます。

Event Stream Analysisでは、ESAサービスでアラートがトリガーされた場合に、メール、SNMP、Syslogでユーザーに通知を送信できます。このようなアラート通知の送信元を通知サーバといいます。複数の通知設定を構成し、ESAルールを定義するときにその設定を使用できます。たとえば、複数のメール サーバまたはSyslogサーバを構成し、ESAルールを定義するときにそれらを使用できます。

[サーバ]タブでは、次の通知サーバ設定を構成します。

  • メール
  • SNMP
  • Syslog 
  • スクリプト

次の図は、[グローバル通知]>[サーバ]タブを示しています。 
GlbNtfSrvTb.png

サーバ]タブでは、次の操作を実行できます。

  • 通知サーバとしてのメール設定の構成。
  • 通知サーバとしてのSNMP設定の構成。
  • 通知サーバとしてのSyslog設定の構成。
  • 通知サーバとしてのスクリプトの構成。

詳細な手順については、次のトピックを参照してください:通知サーバの構成.

Previous Topic:[出力]タブ
You are here
Table of Contents > 参考資料 > [グローバル通知]パネル > [サーバ]タブ

Attachments

    Outcomes