仮想ホスト設定:タスク3:新しいボリュームの追加と既存のファイル システムの拡張

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

データストアの初期構成を確認した後、必要性があると判断した場合には新しいボリュームを追加します。このトピックでは、例として仮想Packet/log Decoderホストを使用します。

以下の順序で作業を行います。

  1. 新しいディスクの追加
  2. 新しいディスクでの新しいボリュームの作成
  3. 新しいパーティションでのLVM物理ボリュームの作成
  4. 物理ボリュームによるボリューム グループの拡張
  5. ファイル システムの拡張
  6. サービスの開始
  7. サービスが実行されていることの確認
  8. LogDecoderパラメータの再構成

新しいディスクの追加

この手順では、同じデータストアに新しい100 GBのディスクを追加する方法を示します。

注: 別のデータストアにディスクを追加する手順は、ここに示す手順に似ています。

  1. マシンをシャットダウンし、[仮想マシンのプロパティ]を編集します。[ハードウェア]タブをクリックし、[追加]をクリックします。

  2. デバイス タイプとして、[ハード ディスク]を選択します。

  3. 新規仮想ディスクを作成]を選択します。

  4. 新しいディスクのサイズと、新しいディスクを作成する場所(同じデータストアまたは別のデータストア)を選択します。

    注意:パフォーマンス上の理由から、すべてのスペースを割り当てます。

  5. 提案された仮想デバイス ノードを承認します。

    注:仮想デバイス ノードは環境によって異なりますが、適切な/dev/sdXにマッピングされます。

  6. 設定を確認します。

  7. マシンにSSHでログインします。
  8. マシンを再起動し、次のコマンドを実行します。

    dmesg

    次のように、新しいディスクが表示されます。

    注:1.) 新しいディスクが初期化されていないため、不明なパーティション テーブル エラーが表示されます。2.) sd 2:0:4:0は、新しいデバイスを追加したときに表示されたSCSI:0:4仮想デバイス ノードに関連づけられています。3.) 新しいディスク デバイスはsde(または/dev/sde)です。

  9. 次のコマンドを入力して、サービスを停止します。

    root@LogDecoderGM ~] # stop nwlogcollector; stop nwlogdecoder.

    この手順は、Log Decoderの場合の例です。

    Concentratorのサービスを停止する場合は、次のように入力します。

    stop nwconcentrator

    Packet Decoderのサービスを停止する場合は、次のように入力します。

    stop nwdecoder

新しいディスクでのボリュームの作成

  1. Log DecoderホストにSSHでログインします。
  2. 新しいディスクにパーティションを作成し、タイプをLinux LVMに変更します。

    [root@LogDecoderGM ~]# fdisk /f=dev/sde

    次の情報とプロンプトが表示されます。

    Device contains neither a valid DOS partition table, nor Sun, SGI or OSF disklabel

    Building a new DOS disklabel with disk identifier 0xae709134.

    Changes will remain in memory only, until you decide to write them.

    After that, of course, the previous content won't be recoverable.

    Warning: invalid flag 0x0000 of partition table 4 will be cirrected by w(rite)

    WARNING: DOS-compatible mode is deprecated. It's strongly recommended to

             switch off the mode (command 'c') and change display units to

             sectors (command 'u').

    Command (m for help):

  3. n」と入力します。

    次のプロンプトが表示されます。

    Command action

    e  extended(m for help):

    p  primary partition (1-4)

  4. p」と入力します。

    次の情報が表示されます。

    Disk /dev/sde: 107.4 GB, 107374182400 bytes

    255 heads, 63 sectors/track, 13054 cylinders

    Units = cylinders of 16065 * 512 bytes = 8225280 bytes

    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

    Disk identifier: 0xae709134

                                
    Device Boot Start End Blocks Id System

     

    /dev/sde1           1 13054 104856223+           83 Linux  

    デフォルトのパーティション タイプはLinux (83)です。これをLinux LVM (8e)に変更する必要があります。

  5. Command m for help:プロンプトで「t」と入力します。

    次の情報とプロンプトが表示されます。

    Selected partition 1

    Hex code (type L to list codes):

  6. 8e」と入力します。

    次の情報とプロンプトが表示されます。

    Changed system type of partition 1 to 8e (Linux LVM).

    Command (m for help):

  7. p」と入力します。

    次の情報が表示されます。

    Disk /dev/sde: 107.4 GB, 107374182400 bytes

    255 heads, 63 sectors/track, 13054 cylinders

    Units = cylinders of 16065 * 512 bytes = 8225280 bytes

    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

    Disk identifier: 0xae709134

                                
    Device Boot Start End Blocks Id System

     

    /dev/sde1           113054 104856223+           83Linux  

    Command (m for help):

  8. Command (m for help):プロンプトで「w」と入力します。

    新しいパーティション テーブルがディスクに書き込まれ、fdiskが終了するとrootシェルに戻ります。

    The partition table has been altered!

    Calling ioctl() to re-read partition table.

    Syncing disks.

    [root@LogDecoderGM ~]#

    新しいディスクに新しい/dev/sde1パーティションが作成されます。

  9. 次のいずれかの手順を実行して、新しいパーティションが存在することを確認します。

    • dmesg | tail.」と入力します。

      次の情報が表示されます。

      lo: Disabled Privacy Extensions
      e1000: eth0 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: None
      e1000: eth1 NIC Link is Up 1000 Mbps Full Duplex, Flow Control: None
      eth0: no IPv6 routers present
      eth1: no IPv6 routers present
      coretemp coretemp.0: partition-name is assumed as 100 C!
      coretemp coretemp.1: partition-name is assumed as 100 C!
      sd 2:0:4:0: [sde] Cache data unavailable
      sd 2:0:4:0: [sde] Assuming drive cache: write through sde: sde1 [root@LogDecoderGM ~]#

    • fdisk /dev/sde」と入力します。

      次の情報とプロンプトが表示されます。

      WARNING: DOS-compatible mode is deprecated. Tr's strongly recommended to
      switch off the mode (command 'c') and change display units to
      sectors (command 'u').

      Command (m for help):

    • p」と入力します。

      次の情報が表示されます。
      Disk /dev/sde: 107.4 GB, 107374182400 bytes
      255 heads, 63 sectors/track, 13054 cylinders
      Units = cylinders of 16065 * 512 bytes = 8225280 bytes
      Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
      I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
      Disk identifier: 0xae709134

    •                             
      Device Boot Start End Blocks Id System

       

      /dev/sde1           113054 104856223+           83Linux  
  10. 新しいパーティションでのLVM物理ボリュームの作成
  11. Log DecoderホストにSSHでログインします。
  12. 次のコマンドを実行して、新しいパーティションにLVM(論理ボリューム マネージャ)物理ボリュームを作成します。

    [root@LogDecoderGM ~]# pvcreate /dev/sdel

    次の情報が表示されます。

    Physical volume "dev/sdel" successfully created

物理ボリュームによるボリューム グループの拡張

  1. Log DecoderホストにSSHでログインします。
  2. 次のコマンドを実行して、物理ボリュームを表示します。

    [root@LogDecoderGM ~]# pvs

    次の情報が表示されます。

                                                           
    PV   VG Fmt Attr PSize PFree  
    /dev/sdb1           VolGroup001vm2 a--           32.00g0  
    /dev/sdc1           VolGroup011vm2 a--           104.00g0  
    /dev/sdd1           VolGroup011vm2 a--           168.00g0  
    /dev/sde1     1vm2 a-- 100.00g

    100.00g

     

    VolGroup01には、PV(物理ボリューム) /dev/sdc1 /dev/sdd1が含まれ、LVMシステムで構成されています。新しい /dev/sde1ボリュームには、100 GBの空きスペースがあります。

  3. VolGroup01に物理ボリュームを追加するには、次の手順を実行します。

    1. vgextend VolGroup01 /dev/sde1」と入力します。

      次の情報が表示されます。

      Volume group "VolGroup01" successfully extended

    2. 「pvs」と入力します。
      次の情報が表示されます。
      PVVGFmtAttrPSizePFree 
      /dev/sdb1           VolGroup001vm2a--           32.00g0 
      /dev/sdc1           VolGroup011vm2a--           104.00g0 
      /dev/sdd1           VolGroup011vm2a--           168.00g0 
      /dev/sde1VolGroup011vm2a--           100.00g100.00g 

      VolGroup01にボリュームが追加されましたが、まだ拡張されていません(まだ100 GBの空きスペースがあります)。VolGroup01には複数の論理ボリュームがありますが、この例ではPacketDBを使用します。

  4. PacketDB論理ボリュームを拡張し、100 GBの空きスペースをすべて割り当てるには、次の手順を実行します。
    1. lvs VolGroup01」と入力します。
      次の情報が表示されます。

    2. LVVGAttrLSizePool
      decoroot           VolGroup01-wi-ao---           20.00g 
      index           VolGroup01

      -wi-ao---

                10.00g 
      logcoll           VolGroup01

      -wi-ao---

      64.00g 
      metadb           VolGroup01-wi-ao---           44.00g 
      packetdbVolGroup01-wi-ao---           104.00g 
      SessiondbVolGroup01-wi-ao---30.00g 
    1. lvextend -L+100G /dev/VolGroup01/packetdb」と入力します。
      次の情報が表示されます。
      Extending logical volume packetdb to 204.00 GiB
      Insufficient free space: 25600 extents needed, but only 25599 available

    2. lvextend -L+99G /dev/VolGroup01/packetdb」と入力します。
      次の情報が表示されます。
      Extending logical volume packetdb to 203.00 GiB
      Logical volume packetdb successfully resized
    3. lvs VolGroup01」と入力します。
      次の情報が表示されます。
    LVVGAttrLSizePool
    decoroot           VolGroup01-wi-ao---           20.00g 
    index           VolGroup01

    -wi-ao---

              10.00g 
    logcoll           VolGroup01

    -wi-ao---

    64.00g 
    metadb           VolGroup01-wi-ao---           44.00g 
    packetdbVolGroup01-wi-ao---           203.00g 
    SessiondbVolGroup01-wi-ao---30.00g 

packetdb論理ボリュームは203 GBに拡張されましたが、/var/netwitness/logdecoder/packetdbファイル システムは104 GBのままです。

ファイル システムの拡張

  1. Log DecoderホストにSSHでログインします。
  2. 次のコマンドを実行して、ファイルシステムを拡張します。
    [root@LogDecoderGM ~]# xfs_growfs /var/netwitness/logdecoder/packetdb
    次の情報が表示されます。
    meta-data=/dev/mapper/VolGroup01-packetdb isize=256    agcount=4, agsize=6815488 blks
     =sectsz=512attr=2, projid32bit=0 
    data=                     bsize=4096blocks=27261952, imaxpct=25 
     =sunit=0swidth=0 blks 
    naming=version 2bsize=4096ascii-ci=0 
    log=internal          bsize=4096blocks=13311, version=2 
     =sectsz=512sunit=0blks, lazy-count=1 
    lrealtime=noneextsz=4096blocks=0, rtextents=0 

    data blocks changed from 27261952 to 53214208

  3. df -k /var/netwitness/loggdecoder/packetdb」と入力します。
    次の情報が表示されます。
    Filesystem         1K-blocks     Used Available Use % Mounted on
    /dev/mapper/VolGroup01-packetdb
     212803588 36416 2127671721%/var/netwitness/logdecoder/packetdb 

サービスの開始

LogDecoderホストで次のコマンドを実行し、サービスを起動します。

[root@LogDecoderGM ~]# start nwlogcollector: start nwlogdecoder

次の情報が表示されます。

nwlogcollector start/running, process 4069
nwlogdecoder start/running, process 4069

サービスが実行されていることの確認

  1. Security Analyticsにログオンします。
  2. Administration]>[サービス]をクリックします。
  3. Log CollectorサービスとLog Decoderサービスが実行されていることを確認します。

LogDecoderパラメータの再構成

  1. Security Analyticsにログオンします。
  2. Administration]>[サービス]をクリックします。
  3. LogDecoderサービスを選択します。
  4. アクションメニューから[エクスプローラ]を選択します。
  5. database > config > packet.dirをクリックします。

  6. databaseを右クリックし、[プロパティ]を選択します。[reconfig]コマンドを選択して、[パラメータ]に、「update=1」と指定し、[送信]をクリックします。
    packetdbパラメータの値が98.74 GBから192.79 GBに変更されました。
  7. indexを右クリックし、[プロパティ]を選択します。[reconfig]コマンドを選択して、[パラメータ]に「update=1」と指定し、[送信]をクリックします。
  8. [プロパティ]ダイアログを閉じて[エクスプローラ]ビューに戻ります。 packet.dirパラメータの値が、192.79 GB(203 GBの95%)に変わっています。
You are here
Table of Contents > 仮想環境でのSA仮想ホストのインストール > ステップ3:データストア スペースの構成 > タスク3:新しいボリュームの追加と既存のファイル システムの拡張

Attachments

    Outcomes