Warehouse Analytics:Warehouse Analyticsモデルの導入

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Warehouse AnalyticsモデルをRSA Liveサーバからダウンロードするワークフローについて詳しく説明します。

前提条件

次の項目について確認します。

  • Liveアカウントが作成済みであること。詳細については、Liveサービス管理ガイド」の「ステップ1:Liveアカウントの作成」を参照してください。
  • CMSサーバとSecurity Analyticsとの間の接続が構成され、同期が設定されています。詳細については、「Liveサービス管理ガイド」の「ステップ2:Security AnalyticsでのLiveサービスの設定」を参照してください。

Warehouse Analyticsモデルの導入

Warehouse Analyticsモデルを導入するには、次の手順を実行します。

  1. Warehouse Analyticsモデルを検索します。

    1. Security Analyticsメニューで、[Live]>[検索]を選択します。
    2. 検索条件]パネルで、検索条件を指定します。[リソース タイプ]で、[Advanced Analytics (Warehouse)]を選択します。

    3. 検索]をクリックします。

      [一致するリソース]パネルにWarehouse Analyticsモデルが表示されます。

      Live.png

  2. 目的のリソースを選択し、Deploy.pngをクリックします。

    導入ウィザード]ページが表示されます。

  3. 次へ]をクリックします。

    サービス]ページが表示されます。

    Services_tab.png

    サービス]ページには、[サービス]と[グループ]の2つのタブがあります。これらのタブには、[Administration]>[サービス]ビューで構成されたサービスおよびサービス グループのリストが表示されます。列は、[サービス]ビューに表示可能な列のサブセットです。次に説明するように、サービスとサービス グループの任意の組み合わせを選択できます。

    • [Administration]>[サービス]ビューで構成されたサービスおよびサービス グループを選択するには、[サービス]タブを使用します。
    • サービスのグループを選択するには、[グループ]タブを使用します。
  4. 次へ]をクリックします。

    レビュー]タブが表示されます。

    注:リソースおよびその導入先となるサービスが正しく選択されていることを確認します。

  5. 導入]をクリックして、Live導入を開始します。

    導入]タブが開き、Live導入のステータスを示す進捗バーが表示されます。

    互換性のないリソースをサービスに導入しようとすると、Security AnalyticsはerrorsBtn.PNGを表示します。retryBtn.PNGをクリックして、エラーを確認し、導入を再試行することができます。

    導入が完了すると、「Live導入タスクが正常に終了しました」というメッセージが表示されて、バーが緑色になります。 

        Deploy_complete.png

  6. 閉じる]をクリックします。
You are here
Table of Contents > 必要な手順 > ステップ3:Warehouse Analyticsモデルの構成 > LiveサーバからのWarehouse Analyticsモデルの導入

Attachments

    Outcomes