Warehouse Analytics:スケジュール設定されたジョブの表示

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、疑わしいドメインの一覧を含む、スケジュール設定されたジョブの表示方法について説明します。スケジュール設定されたジョブを表示することで、リスク スコアを理解し、ジョブ レポートを表示してスケジュール設定されたジョブを調査することができます。スケジュール設定されたジョブが停止または無効状態の場合、そのジョブを開始または有効化できます。

前提条件

以下の項目について確認します。

  • [Warehouse Analytics]ビューのコンポーネントについて理解している必要があります。詳細は、次のトピックを参照してください: Warehouse Analyticsビュー.
  • [スケジュール ジョブの表示]パンルのコンポーネントについて理解している必要があります。詳細は、次のトピックを参照してください: [スケジュール ジョブの表示]パネル.

手順

スケジュール設定されたジョブを表示するには、次の手順を実行します。

注:ETLジョブには最近のジョブ リストがないため、レポートを表示できません。

  1. Security Analyticsメニューで、[レポート]をクリックします。
    [管理]タブが表示されます。
  2. Warehouse Analytics]をクリックします。
    [Warehouse Analytics]ビューが表示されます。
    Deploy_screen.png 
  3. ジョブを選択して、[ジョブの表示]列で[直近のジョブ]を選択します。
    最近のジョブのリストが表示されます。
    Recent_jobs.png

次のステップ

次のタスクを実行します。

  1. Warehouse Analyticsレポートの詳細を全画面表示します。
  2. Warehouse Analyticsレポートから調査を実行します。
  3. カレンダーから日付を選択することで、その日付に正常に実行されたジョブのリストを表示できます。
Next Topic:参考資料
You are here
Table of Contents > 追加の手順 > スケジュール設定されたジョブの表示

Attachments

    Outcomes