Warehouse Analytics:ステップ1:構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、RSA Analytics Warehouseを構成するための高度な方法について説明します。この構成により、データに対してより詳細な分析を行えるようになります。Warehouseに対して高度な分析を実行するには、Reporting EngineでWarehouseを有効にします。 

前提条件

以下の項目について確認します。

  • RSA Analytics Warehouseがインストールされ、実行されている必要があります。
  • Warehouse Connectorが構成されている必要があります。詳細については、「Warehouse Connector構成ガイド」を参照してください。

タスク

次の表は、Warehouse Analyticsの構成に必要なタスクの一覧を示しています。

                                 
ステッププロセスタスクと手順
1Reporting EngineでWarehouseをデータ ソースとして追加し、[ジョブの有効化]チェックボックスをオンにします。ホストおよびサービスの構成ガイド」の「Reporting EngineへのWarehouseデータ ソースの追加」トピックを参照してください。
2Warehouse Analyticsのユーザー アクセスをセットアップします。次のトピックを参照してください: ステップ2:Warehouse Analyticsモジュールへのアクセスの管理.
3Warehouse Analyticsモデルを構成します。次のトピックを参照してください: ステップ3. Warehouse Analyticsモデルの構成
4Reporting EngineでWarehouse Analyticsの構成を構成します。

ホストおよびサービスの構成ガイド」の「Reporting Engineの[全般]タブ」トピックで、「Warehouse Analytics出力構成」セクションおよび「Warehouse Analyticsモデル構成」セクションを参照してください。

注:Warehouse Analyticsを使用するには、[Warehouse Analytics出力構成]を定義する必要があります。[Warehouse Analyticsモデル構成]はオプションです。

次のステップ 

RSA Analytics Warehouseの構成後、次のタスクを実行します。

Previous Topic:必要な手順
You are here
Table of Contents > 必要な手順 > ステップ1:Warehouse Analyticsの構成

Attachments

    Outcomes