Warehouse Analytics:ステップ2:アクセスの管理

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、アクセスと権限をセットアップして、Warehouse Analyticsジョブを管理する方法について説明します。Warehouse Analyticsモジュールのアクセス制御は、ジョブ レベルで提供されます。Warehouse Analyticsモジュールでタスクを実行できるのは、適切な権限を持っているユーザーだけです。アクセス制御は[Administration]>[セキュリティ]>[ロール]タブから管理者が管理します。

管理者は、特定のタスクのために作成されたロールが、高いロール階層のすべての権限にアクセスできることを確認する必要があります。 

ユーザーがSecurity Analyticsにログインしたときに、そのユーザーが属するジョブのみにアクセスできるように、ジョブを特定のユーザーのロールセットに関連づけられます。ジョブに対するフルアクセス権を持つのは、[読み取り/書き込み]アクセス権限を持つユーザー ロールに属しているユーザーです。また、[読み取り専用]アクセスを持つユーザーのみがジョブにアクセスするようにアクセスを制限できます。

Security Analyticsでは、ユーザー ロールに、次のアクセス権限をジョブ レベルで設定できます。

  • 読み取り/書き込み
  • 読み取り専用
  • アクセス不可

Warehouse Analyticsモジュールのアクセス制御

ジョブの権限を変更する場合、[ジョブの権限]パネルを使用して、ジョブを選択し、アクセス権限を設定する必要があります。

ジョブ権限を適用する前に管理者以外の他のすべてのユーザー ロールのデフォルトの権限セットが「アクセス不可」になります。 

特定のユーザー ロールのアクセス権限を変更する場合は、これらをジョブ レベルで設定する必要があります。

複数のジョブが選択されている場合のジョブのアクセス制御

複数のジョブの権限を変更する場合、[ジョブの権限]パネルで、一度に複数のジョブを選択し、それらのアクセス権限を設定できます。選択したアクセス権限は、選択したすべてのジョブに適用されます。

105_multiple_jobs_perm.png

機能説明

次の表に、[ジョブの権限]パネルの各列のリストを示します。

                         
説明
ロールSecurity Analyticsにログインしたユーザーのロール。
読み取り/書き込みユーザーは、[Warehouse Analytics]ビューでジョブのアクセス、表示、編集、削除を行うことができます。ジョブに対する権限も変更できます。
読み取り専用ユーザーは、[Warehouse Analytics]ビューでジョブのアクセスと表示のみを行うことができます。
アクセス不可ユーザーは、この権限が設定されたジョブのアクセスまたは表示を行うことはできません。

トピック

You are here
Table of Contents > 必要な手順 > ステップ2:Warehouse Analyticsモジュールへのアクセスの管理

Attachments

    Outcomes