Warehouse Connectorの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このトピックでは、Warehouse Connectorを構成するためのタスクの概要を示します。

前提条件

以下の項目について確認します。

  • Warehouse Connectorサービスまたは仮想アプライアンスがネットワーク環境にインストールされていること。
  • Log DecoderとDecoderがネットワーク環境にインストールされ、構成されていること。

手順

Warehouse Connectorを構成するには、次の手順を実行します。

                             
タスク参考情報
  1. Warehouse ConnectorサービスをSecurity Analytics環境のホストに追加します。
次のトピックを参照してください: ステップ1:Warehouse Connectorサービスの追加

注:Warehouse Connectorサービスを使用するには、Log Decoder、Decoder、Log Hybrid、Packet Hybridホストを有効化する前に、Warehouse Connectorサービスを開始する必要があります。

  1. Lockboxを作成します。詳細については、以下のトピックの「Lockboxのサポート」を参照してください: Warehouse Connectorの概要.
次のトピックを参照してください: ステップ2:Lockboxの作成.
  1. Warehouse Connectorサービスがデータの収集元として使用するデータ ソースを構成します。
次のトピックを参照してください: ステップ3:データ ソースの構成.
  1. 収集データの書き込み先としてWarehouse Connectorサービスが使用する宛先を構成します。
Warehouse Connectorでは、宛先に収集データを書き込むために、次のメカニズムが提供されます。
  • NFS(Network File System):以下の環境に直接データを書き込みます。
    • RSA Analytics Warehouse(MapR) 
    • 商用MapR M5 Enterprise Edition for Apache Hadoop
    詳細な手順については、次のトピックを参照してください: ステップ4:NFSを使用した宛先の構成.
  • SFTP(Secure File Transfer Protocol):SSHキー ベースのアクセスまたはパスワード ベースのアクセスを使用して、リモート サーバのステージング フォルダにデータを書き込みます。その後、次のいずれかの環境にデータを手動で移動できます。
    • RSA Analytics Warehouse(MapR)
    • RSA Analytics Warehouse(Pivotal)
    • 商用MapR M5 Enterprise Edition for Apache Hadoop
    詳細な手順については、次のトピックを参照してください: ステップ5:SFTPを使用した宛先の構成.
  • WebHDFS:WebHDFSをサポートするHadoopベースの分散コンピューティング システムに直接書き込みます。
    詳細な手順については、次のトピックを参照してください: ステップ6:WebHDFSを使用した宛先の構成.
  1. データ ストリームの構成で、データ ソースと宛先の組み合わせを定義します。
次のトピックを参照してください: ステップ7:ストリームの構成
You are here
Table of Contents > Warehouse Connectorの構成

Attachments

    Outcomes