システム メンテナンス:手順

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

次の2つのSTIG hardeningの構成手順のいずれかに従ってください。 

  • 新たにインストールしたSecurity Analytics 10.6用にSTIG hardeningを構成する。
  • 以前のバージョンから10.6に更新されたSecurity Analyticsの導入環境用にSTIG hardeningを構成する。

OpenSCAPレポートを使用して、SCAP(Security Content Automation Protocol)ルールに対して導入環境を評価することもできます。

Previous Topic:概要
You are here
Table of Contents > DISA STIG Hardeningガイド > 手順

Attachments

    Outcomes