システム メンテナンス:[システム]の[更新]パネル:[手動更新]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

概要

このトピックでは、ローカル更新リポジトリにRSAソフトウェア更新をアップロードする場合に使用するインタフェース タブについて説明します。Live更新リポジトリに接続されている場合、Security Analyticsによって自動的に最新のソフトウェア更新が[ホスト]ビューで利用できるようになります。Live更新リポジトリに接続されていない場合や、[ホスト]ビューで目的のソフトウェア バージョンを見つけることができない場合、[手動更新]タブを使用して手動でバージョンの更新をアップロードできます。

このビューへのアクセスに必要な権限は、[システム更新の適用]です。 

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで[更新]を選択します。
    [システム]の[更新]パネルが表示され、[更新リポジトリ]タブが開きます。
  3. 手動更新]タブを選択します。
    ManUpdsTab.png

機能

この表は、[手動更新]タブの機能について説明しています。

                                 
機能 説明
Icon_Delete_sm.png 選択したzipファイルを削除します。
Icon-UploadFiles.PNG

ファイルのアップロード]ダイアログを開きます。 このダイアログを使用して、ローカル ファイル システムにダウンロードしたソフトウェア バージョンの更新パッケージzipファイルを[手動更新]タブにアップロードします。このダイアログの機能は次のとおりです。

Icon-Add.png-このコンピューターから最後にアクセスしたローカル ディレクトリを開きます。ダウンロードしたソフトウェア バージョンの更新パッケージzipファイルがこのディレクトリにない場合は、適切なディレクトリを参照します。目的のパッケージzipファイルを選択し、[開く]をクリックします。

Icon_Delete_sm.png:選択したzipファイルを削除します。

ファイル名:ソフトウェア バージョンの更新パッケージzipファイル名。

アップロード:ローカル ディレクトリから選択したソフトウェア バージョンの更新zipパッケージ ファイルを[手動更新]タブにアップロードします。

閉じる - ダイアログを閉じます。

ファイル名ソフトウェア アップデート バージョンのzipファイル名。
バージョンzipファイルに含まれる更新バージョン。
サマリーバージョンのzipファイルの説明。 たとえば、zipファイルがその更新の3つのzipファイルの1つ目である場合は「1/3」と表示されます。 
適用

ホストの更新で使用するために、ローカル更新リポジトリに、選択したzipファイルを追加します。Security Analyticsは、zipファイルを解凍し、[ホスト]ビューの[ステータス]には、更新ありと表示されます。[ホスト]ビューからこれらのソフトウェア バージョンの更新を選択し、ホストに適用できます。

You are here
Table of Contents > 参考資料 > [システム]の[更新]パネル:[手動更新]タブ

Attachments

    Outcomes