システム メンテナンス:DISA STIG Hardeningガイド

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

このガイドでは、以下の項目について説明します。

  • STIG HardeningをSecurity Analyticsに適用するために必要なこと。
  • STIG Hardeningを構成する方法。
  • OpenSCAPレポートの概要と生成方法。
  • 10.6で見つかっている例外とその発生理由。 

注:DISA(Defense Information System Agency)STIG(Security Technical Implementation Guide)HardeningはSecurity Analytics 10.5.0.1で完全にサポートされます。Security Analytics 10.5では、10.5より前にDISA STIGを適用していた場合にのみ、DISA STIG Hardeningがサポートされていました。 

トピック

次の各トピックでは、概要、手順、STIG準拠の例外について説明しています。

 

Next Topic:概要
You are here
Table of Contents > DISA STIG Hardeningガイド

Attachments

    Outcomes