システム メンテナンス:統計情報ゲージのプロパティの編集

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

[サービス]の[統計]ビューの[ゲージ]セクションでは、統計情報がアナログ ゲージ形式で表示されます。個々のゲージのプロパティは編集可能です。すべてのゲージでタイトルを編集できます。さらに編集可能なプロパティがあるものもあります。 

手順

ゲージのプロパティの編集

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
    [Administration]の[サービス]ビューが表示されます。 
  2. サービスを選択し、[アクション]列で[表示]>[統計]を選択します。
    [サービス]の[統計]ビューには[ゲージ]セクションがあります。 
  3. プロパティを編集するゲージに移動します(たとえば、[Memory Process])。
    EditGauge1.PNG
  4. [プロパティ]アイコン(IconEditProperties.PNG)をクリックして、パラメータ名と値を表示します。
  5. 表示名]フィールドの値をハイライト表示するには、値の部分([Memory Process]など)をダブル クリックします。

注:この例では、他の2つの値をクリックしても編集状態にはなりません。これらのプロパティはゲージでは編集できないためです。

EditGauge2.PNG

  1. [表示名]に新しい値を入力して、[プロパティ]アイコン(IconEditProperties.PNG)をクリックします。
    Memory Process]の代わりに新しいタイトルが表示されます。

[ゲージ]セクションへの統計情報の追加

統計チャート トレイ]から[ゲージ]セクションに統計情報をドラッグすることによって、ゲージを追加できます。

  1. [統計チャート トレイ]を展開するには、をクリックします。
  2. 下へスクロールし、[Session Rate (maximum)](セッション レート(最大))などの統計情報を選択します。
  3. ゲージ]セクションに統計情報をドラッグします。
    新しいゲージが[ゲージ]セクションに表示されます。
 
You are here
Table of Contents > Security Analyticsのヘルスモニタの監視 > サービス統計情報の監視 > 統計情報ゲージのプロパティの編集

Attachments

    Outcomes