システム メンテナンス:Reporting Engineのログ ファイルへのアクセス

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

すべてのログ ファイル

Reporting Engineは次のログをrsasoc/rsa/soc/reporting-engine/logディレクトリに格納しています。

  • reporting-engine.logファイルに最新のログが保存されます。
  • reporting-engine.log.*ファイルに、以前のログのバックアップ コピーが保存されます。
  • 次の形式の名前が付いたファイルに、すべてのUNIXスクリプト ログを記録しています。reporting-engine.sh_timestamp.log(たとえば、reporting-engine.sh_20120921.log)。

Reporting Engineは、ごくまれにコマンド ライン エラー メッセージをrsasoc/nohup.outファイルに書き込むことがあります。

Upstartログ 

Reporting Engineは、UpstartデーモンおよびReporting Engineの起動コマンドが書き込むログ メッセージと出力を/var/log/secureディレクトリに追加します。

Upstartログ ファイルは、rootユーザーのみが読み取り可能なシステム ログ ファイルです。Reporting Engineは、ログ ファイルを生成するとともに、以前のログ ファイルのバックアップ コピーを保持したり、UNIXスクリプトのログ ファイルを保存したり、Upstartログ ファイルを別のディレクトリに追加したりします。

You are here
Table of Contents > Security Analyticsのヘルスモニタの監視 > システム ログとサービス ログの表示 > Reporting Engineのログ ファイルへのアクセス

Attachments

    Outcomes