システム メンテナンス:Warehouse Connectorのバックアップとリカバリ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

Warehouse Connectorの構成ファイルやデータベース ファイルは、管理者がバックアップし、リストアすることができます。そのため情報が失われたり削除されたりしてもリストアすることが可能です。

ファイルのバックアップ

構成ファイルをバックアップするには、以下の手順を実行します。

  1. /etc/netwitness/ngの下のlockboxフォルダを、tar.gzにバックアップします。
    cd /
    tar -cvPjf wc-lockbox.tar.gz /etc/netwitness/ng/lockbox
  2. /etc/netwitness/ngフォルダの下にあるNwWarehouseconnector.cfg、multivalue-bootstrap.xml、multivalue-users.xml(存在する場合)ファイルを、tar.gzにバックアップします。
    tar -cvPjf wc-files.tar.gz /etc/netwitness/ng/NwWarehouseconnector.cfg /etc/netwitness/ng/multivalue-bootstrap.xml /etc/netwitness/ng/multivalue-users.xml

データベース ファイルをバックアップするには、次の手順を実行します。

  1. /var/netwitness/warehouseconnectorの下のすべてのフォルダを、tar.gzにバックアップします。
    cd /
    tar -cvPjf warehouseconnector.tar.gz /var/netwitness/warehouseconnector

バックアップ ファイルのリストア

  1. SSHを使用して、バックアップをリストアするホストにログオンします。
  2. /ディレクトリに移動します。

    cd /

  3. SCPなどのユーティリティを使用して、必要なtarファイルwc-lockbox.tar.gzをホストの/フォルダにコピーします。
  4. 次のコマンドを実行してtarファイルを展開します。

    tar -xvPf wc-lockbox.tar.gz 

  5. SCPなどのユーティリティを使用して、必要なtarファイルwc-files.tar.gzをホストの/フォルダにコピーします。
  6. 次のコマンドを実行してtarファイルを展開します。

    tar -xvPf wc-files.tar.gz

  7. SCPなどのユーティリティを使用して、必要なtarファイルwarehouseconnector.tar.gzをホストの/フォルダにコピーします。
  8. 次のコマンドを実行してtarファイルを展開します。

    tar -xvPf warehouseconnector.tar.gz 

  9. tarファイルを削除します。

    rm wc-lockbox.tar.gz
    rm wc-files.tar.gz
    rm warehouseconnector.tar.gz

You are here
Table of Contents > ホストとサービスのデータのバックアップとリストア > Warehouse Connectorのバックアップとリカバリ

Attachments

    Outcomes