システム メンテナンス:[ヘルスモニタの設定]タブ:Warehouse Connector

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

概要

Warehouse Connectorモニタリングを構成することで、Warehouse Connectorとそのストレージに関する重要な閾値を超える条件が発生した場合に、自動的に通知を生成できます。

[Warehouse Connectorモニタリング]ビューへのアクセス

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[ヘルスモニタ]を選択します。
  2. [設定]>[Warehouse Connector]を選択します。

    [Warehouse Connectorモニタリング]ビューが表示されます。

    wc_monitoring_settings.png

Warehouse Connectorモニタリング パラメータ

次の表に、重要な閾値を超えた場合に自動的に通知を生成するようWarehouse Connectorモニタリングを構成するパラメータを示します。

                                                          
パラメータ説明
ソースまたは宛先のステータス次の時間オフラインの場合に通知ソースまたは宛先の接続がオフラインになってから通知が送信されるまでの時間および時間の単位(分または時間)。
ストリーム ステータス次の時間停止している場合に通知ストリームがオフラインになってから通知が送信されるまでの時間および時間の単位(分または時間)。
 ストレージ超過した場合に通知が送信されるディスク使用量(%)の制限。
 ソース遅延ソースが未処理となった場合に通知が発生するまでのセッション数。
 拒否フォルダ サイズ超過した場合に通知が送信されるフォルダ使用量(%)の制限。
 永続的な失敗フォルダ内ファイル数超過した場合に通知が送信されるパーマネントのFailureフォルダーのファイル数の制限。
通知のタイプメール サーバを構成します。クリックして、Security Analyticsの通知を受信できるようにメールを構成します。
 SyslogサーバおよびSNMPトラップ サーバを構成します。クリックして、監査ログを構成します。
 SAコンソール、
メール、 
Syslog通知、SNMPトラップ通知 
Security Analytics UIの通知ツールバーで通知を受信するには、SAコンソールを有効化します。
メールを通知を受信するには、メールを有効化します。
Syslogイベントを生成するには、Syslog通知を有効化します。
監査イベントをSNMPトラップとして受信するには、SNMPトラップ通知を有効化します。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > ヘルス モニタ > [ヘルスモニタの設定]タブ:Warehouse Connector

Attachments

    Outcomes