システム メンテナンス:[イベント ソース モニタリング]ビュー

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

注:このパネルは廃止される予定です。イベント ソースの管理については、「RSA Security Analytics Event Source Managementガイド」の「イベント ソース管理の概要」を参照してください。

Security Analyticsでは、さまざまなイベント ソースの統計情報をユーザー インターフェイスから監視できます。表示される情報は履歴データで、Log Decoderから取得されます。ユーザー インタフェースはさまざまなパラメータでフィルタ表示できます。

[イベント ソース モニタリング]ビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analytics]メニューで、[Administration]>[ヘルスモニタ]を選択します。

    [ヘルスモニタ]ビューが表示され、[監視]タブが開きます。

  2. イベント ソース モニタリング]をクリックします。

    [イベント ソース モニタリング]ビューが表示されます。

event_source_monitoring_view.png

関連する手順については、次のトピックを参照してください: イベント ソースの監視, , イベント ソースのフィルタ、 イベント ソースでの収集イベントの履歴チャートの作成.

フィルタ

次の表に、[イベント ソース モニタリング]ビューのフィルタおよびカスタマイズに使用できるさまざまなパラメータを示します。 

                                   
パラメータ説明
イベント ソース監視対象のイベント ソースの名前を入力します。
Regexフィルタを有効にするには、[Regex]を選択します。このフィルターを有効にすると、テキストに対して正規表現検索が実行され、一致するカテゴリがリストされます。[Regex]を選択していない場合は、グロビング パターン マッチングがサポートされます。
イベント ソース タイプ選択したイベント ソースのイベント ソース タイプを選択します。 
Log Collector指定したLog Collectorによって収集されたデータを表示するには、[Log Collector]を選択します。
Log Decoder指定したLog Decoderによって収集されたデータを表示するには、[Log Decoder]を選択します。
時間範囲対象の統計の時間範囲を選択します。 
選択した時間内に受信したログのイベント ソースのみをクエリー結果に含める場合は[受信]を選択します。
または
選択した時間内に受信されなかったログのイベント ソースのみをクエリー結果に含める場合は[受信していない]を選択します。
Order Byリストを表示する際のソート順を選択します。 
昇順でソートするには[昇順]を選択します。

コマンド

                       
コマンドアクション
適用クリックすると、選択したフィルタが適用され、設定した条件でリストが表示されます。
クリアクリックすると、選択したフィルタが解除されます。
CSVでエクスポートクリックすると、情報がCSV形式でエクスポートされます。

 

[イベント ソース統計]ビューの表示

                                           
パラメータ説明
イベント ソースイベント ソースの名前を表示します。
イベント ソース タイプイベント ソース タイプを表示します。
Log Collectorイベントが最初に収集されたLog Collectorを表示します。
Log Decoderイベントが処理されたLog Decoderを表示します。
件数カウント値が最後にリセットされてからLog Decoderが受信したイベントの数を表示します。
アイドル時間最後の統計収集から経過した時間を表示します。
最終収集時刻Log Decoderがイベント ソースのイベントを最後に処理した日時を表示します。
履歴チャートイベント ソースについて収集された統計の履歴チャートを表示するには、rrd_graph_icon.pngをクリックします。 
You are here
Table of Contents > 参考資料 > ヘルス モニタ > [イベント ソース モニタリング]ビュー

Attachments

    Outcomes