システム メンテナンス:[システム]の[更新]パネル - [設定]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

概要

このトピックでは、Live更新リポジトリへの接続をセットアップする場合に使用するインタフェースについて説明します。これらの設定によって、Security AnalyticsはLive更新リポジトリにアクセスし、ローカル更新リポジトリを同期することができるようになります。

このビューへのアクセスに必要な権限は、[システム更新の適用]です。 

このビューにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[システム]を選択します。
  2. [オプション]パネルで[更新]を選択します。
    [システム]の[更新]パネルが表示され、[設定]タブが開きます。

Updatevw.png

機能

この表は、[設定]タブの機能について説明しています。

                                   
機能説明
Liveアカウントの構成 

Administration]>[システム]>[Live]パネルを表示します。Liveアカウント認証情報を構成していない場合は、このパネルで構成できます。 

プロキシ設定の構成

Administration]>[システム]>[HTTPプロキシ設定]パネルを表示します。HTTPプロキシ設定を構成していない場合は、ここで構成できます。 

Live更新リポジトリに接続選択すると、RSA更新リポジトリとの自動同期が有効になります。デフォルト値は未接続です。
適用このタブの設定を適用します。
更新のチェックライブ更新リポジトリをチェックし、使用可能な更新がないか確認します。 
リポジトリの管理ローカル更新リポジトリのディスク領域を管理できる[リポジトリ容量管理]ダイアログを開きます。
You are here
Table of Contents > 参考資料 > [システム]の[更新]パネル - [設定]タブ

Attachments

    Outcomes