システム メンテナンス:タイムライン チャートのプロパティの編集

Document created by RSA Information Design and Development on Feb 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
  

タイムライン チャートには、実行中の統計がタイムラインに表示されます。[サービス]の[統計]ビューには、リアルタイムと履歴という2種類のタイムラインがあります。[統計チャート トレイ]にある統計は[タイムライン チャート]セクションにドラッグできます。セッション サイズ、セッション、パケットの統計情報については、履歴タイムライン チャートで表示できます。個々のタイムライン チャートのプロパティは編集可能です。すべてのタイムライン チャートでタイトルを編集できます。さらに編集可能なプロパティがある統計もあります。 

チャートにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. Security Analyticsメニューで、[Administration]>[サービス]を選択します。
  2. サービスを選択し、[統計]をクリックします。

    [サービス]の[統計]ビューが表示されます。チャートは、このビューにあります。

手順

タイムラインのプロパティの編集

タイムライン チャートのプロパティを編集するには、次の手順を実行します。

  1. プロパティを編集するタイムライン チャートに移動します(たとえば、[Memory Process])。

  2. プロパティ]アイコン(IconEditProperties.PNG)をクリックして、パラメータ名と値を表示します。
  3. 値をダブル クリックします(たとえば、[表示名]フィールド)。

    注:この例では、他の2つの値をクリックしても編集状態にはなりません。これらのプロパティはチャートでは編集できないためです。

    EditTimeline2.PNG

  4. 新しい値を入力し、[プロパティ]アイコン(IconEditProperties.PNG)をクリックします。

    新しい値が反映されたタイムライン チャートが表示されます。

履歴チャートのプロパティの編集

履歴チャートのプロパティを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 履歴チャートに移動します。
  2. プロパティ]アイコン(IconEditProperties.PNG)をクリックして、パラメータ名と値を表示します。
  3. 値をクリックします(たとえば、[開始日]フィールドの「01/27/2015」)。

    EditHistTimeline.PNG

  4. 新しい値を入力します。
  5. 必要であれば、[終了日]と[表示名]を編集します。
  6. プロパティ]アイコン(IconEditProperties.PNG)をクリックします。
    新しい値が反映された履歴チャートが表示されます。

注:履歴チャートのプロパティをデフォルトに戻し、開始日と終了日の値が動的に更新されるようにするには、開始日と終了日の値を削除し、[開始日]フィールドにカーソルを置いて、ブラウザを更新します。 

タイムライン チャートへの統計情報の追加

[統計チャート トレイ]から[タイムライン]セクションに統計情報をドラッグすることによって、タイムライン チャートを追加できます。

  1. [統計チャート トレイ]を展開するには、をクリックします。
  2. 下へスクロールし、[Session Rate (maximum)](セッション レート(最大))などの統計情報を選択します。
  3. タイムライン]セクションに統計情報をドラッグします。
    新しいタイムラインが[タイムライン]セクションに表示されます。
You are here
Table of Contents > Security Analyticsのヘルスモニタの監視 > サービス統計情報の監視 > タイムライン チャートのプロパティの編集

Attachments

    Outcomes