アラート:導入環境の編集または削除

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、NetWitness Suiteが相関グループ内の各ESAサービスに相関ルールを転送する方法について説明します。このトピックでは、導入環境を編集または削除する 相関グループにルールを追加すると、NetWitness Suiteがルールをグループ内の各ESAに転送します。

導入環境にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. 構成>[ESAルール]に移動します。

    [構成]ビューが表示され、[ルール]タブが開きます。

  2. オプション パネルの[導入環境]で、導入環境を選択します。

    [導入環境]ビューが表示されます。

    [ルール]タブ-導入環境へのアクセス

導入環境の編集

  1. オプション パネルの[導入環境]で、導入環境を選択します。

    [導入環境]ビューが表示されます。

  2. [導入環境]ドロップダウン リスト>[編集]を選択します。

    導入環境の名前を編集できるようになります。

導入環境の削除

  1. オプション パネルの[導入環境]で、導入環境を選択します。

    [導入環境]ビューが表示されます。

  2. [導入環境]ドロップダウン リスト>[削除]を選択します。

    確認ダイアログが表示されます。

  3. はい]をクリックします。

    導入環境が削除されます。

You are here
Table of Contents > ESAで実行するルールの導入 > 追加の導入手順 > 導入環境の編集または削除

Attachments

    Outcomes