アラート:ステップ1. 導入環境の追加

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

前提条件

導入環境を追加するには以下が必要です。

  • ESAサービスをホスト上で構成する必要があります。「Event Stream Analysis(ESA)構成ガイド」の「ESAの構成」を参照してください。
  • ルール ライブラリにルールが存在する必要があります。「ルール ライブラリへのルールの追加」を参照してください。

手順

導入環境を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 構成>[ESAルール]に移動します。
    [ルール]タブが表示されます。
  2. オプション パネルで、導入環境の隣の[導入環境の追加]アイコン>[追加
    ]を選択します。[導入環境]ビューが右側に表示されます。
    [導入環境]ビュー
  3. [オプション]パネルで、導入環境の名前を入力します。任意の名前を指定します。
    たとえば、目的または所有者を含めることができます。
  4. Enterキーを押します。
    導入環境が追加されます。
    追加された導入環境

 

Previous Topic:導入ステップ
You are here
Table of Contents > ESAで実行するルールの導入 > 導入ステップ > ステップ1. 導入環境の追加

Attachments

    Outcomes