アラート:エンリッチメント ソースとしてのWarehouse Analyticsの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、RSA Warehouse AnalyticsをESAのエンリッチメント ソースとして構成する手順について説明します。データ アナリストはWarehouse Analyticsのデータを活用して、セッションとログ データを分析できます。

Warehouse Analyticsをエンリッチメント ソースとして構成するには、次の手順を実行します。

  1. 構成>[ESAルール]>[設定]タブに移動します。
  2. [オプション]パネルで、[エンリッチメント ソース]を選択します。

    [エンリッチメント ソース]パネルが表示されます。

    [エンリッチメント ソース]パネル

  3. 追加ドロップダウンドロップダウン メニューから[Warehouse Analytics]を選択します。
    エンリッチメント ソースが表示されている[Warehouse Analytics]ダイアログ
  4. このデータでアラートのエンリッチメントを設定するには、[有効化]をオンにします。これはデフォルトでオンになっています。オフにすると、このデータによるアラートのエンリッチメントは設定されません。
  5. 名前]フィールドに、Warehouse Analyticsの構成を識別またはラベル付けするための名前を入力します。
  6. 説明]フィールドに、Warehouse Analyticsの構成に関する簡単な説明を入力します。
  7. Warehouse AnalyticsデータベースURL]フィールドに、Warehouse Analyticsデータベースで使用するMongoDB URLを入力します。
  8. ユーザ名 ]フィールドに、MongoDB にアクセスするためのユーザ名を入力します。
  9. パスワード]フィールドに、MongoDB にアクセスするためのパスワードを入力します。
  10. 保存]をクリックします。

詳細については、「[設定]タブ」を参照してください。

You are here
Table of Contents > データ エンリッチメント ソースの追加 > エンリッチメント ソース > エンリッチメント ソースとしてのWarehouse Analyticsの構成

Attachments

    Outcomes