Archiver:[サービス]の[構成]ビュー:Archiver

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

[サービス]の[構成]ビュー(管理>[サービス]>Archiverを選択してic-actns.pngを選択>[表示]>[構成])では、基本的なサービス構成の管理、集計サービスの構成、ログ保存とストレージの構成、サービス構成ファイルの編集、Applianceサービスの構成をArchiver向けに行うことができます。

ワークフロー

このワークフローは、Archiverのエンド ツー エンドのインストールおよび構成のプロセスを示しています。

Archiverのエンド ツー エンドのインストールおよび構成のプロセスを示すワークフロー。

実行したいことは何ですか?

                                                
ロール実行したいこと方法を確認する...
管理者

*集計対象のサービスとして、Log Decoderを追加します。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。

 

管理者*選択したサービスを、集計対象から削除します。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。

管理者

*集計対象のサービスのメタ フィールドとフィルタの値を編集します。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。Archiverがこのサービスから集計するメタデータのタイプを指定できます。さらに、Archiverがこのサービスから集計するデータをフィルタするルールも指定できます。

管理者*Archiverと通信します。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。Archiverと通信できるように、選択した集計対象サービスの管理者の認証情報を入力できるようになります。

管理者

*サービスの状態をオフラインからオンライン(またはその逆)に切り換えます。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。

管理者

*サービスに対して定義されたルールを使用してデータを集計します。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。

集計の停止後、サービスの集計を開始する必要があります。

管理者

*Archiverでの集計を停止します。

サービスの集計]セクションで、をクリックします。すべてのサービスの集計を停止して、インデックスをフラッシュするため、完了までに数分かかる場合があります。各種の管理タスクを実行するには、サービスの集計を停止する必要があります。

*このタスクは現在のビューで実行できます。

関連トピック

簡単な説明

[サービス]の[構成]ビューには、4つのタブと3つのパネルがあります。

4つのタブと3つのパネルが表示されたArchiverの[サービス]の[構成]ビュー。

                                 
1[全般]タブでは基本的なArchiverサービス構成を管理できます。
2[データ保存]タブではコレクションと保存ルールを表示および編集できます。
3[ファイル]タブではテキスト ファイルとしてArchiverのサービス構成ファイルを編集することができます
4[Applianceサービス構成]タブではArchiverサービスを構成できます。
5[サービスの集計]パネルは、集計の開始と停止、および集計の対象となるサービスの追加、編集、削除、オン/オフを行う方法を提供します。
6[Aggregation Settings]パネルは、集計プロセスのさまざまな動作を制御する構成設定を提供します。
7[システム構成]パネルは、Archiverサービスのサービス構成を管理する方法を提供します。

全般

[全般]タブは、次のセクションで構成されています。

  • サービスの集計
  • システム構成
  • 集計の構成

サービスの集計

[サービスの集計]セクションは、集計の開始と停止、および集計の対象となるサービスの追加、編集、削除、オン/オフを行う方法を提供します。

[サービスの集計]セクションが表示されています。

システム構成

[システム構成]セクションが表示されています。

Archiverサービスを追加すると、デフォルト値が有効になります。RSAでは、デフォルト値でほとんどの環境に対応できるように設計しています。これらの値を編集するとパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があるため、編集しないことを推奨します。次の表に、システム構成パラメータの説明を示します。

                                    
タスク説明
圧縮メッセージが圧縮されるかどうかの分岐点となるバイト数を指定します。ゼロに設定した場合、メッセージは圧縮されません。
ポートサービスに使用されるポートを指定します。

注:ポート番号を変更した場合は必ず、サービスを再起動してください。

SSL FIPSモード有効にした場合、ネットワークで転送されるすべてのデータがSSLで暗号化されます。
SSLポートSSLを使用した暗号化に使用するポートを示します。
統計情報の更新間隔システムで統計ノードが更新される頻度(ミリ秒単位)を指定します。
スレッド着信リクエストを処理するスレッド プール内のスレッド数を指定します。

集計の構成

[サービス]の[構成]ビューの[集計]セクションが表示されています。

[集計の構成]セクションは、次のセクションで構成されています。

  • Aggregation Settings
  • Service Heartbeat

Aggregation Settings

[Aggregation Settings]セクションには次のパラメータがあります。

                         
パラメータ説明
Aggregate Autostart有効な場合、サービス再起動時にデータの集計が自動的に再開されます。
Aggregate Hours各サービスの集計の開始時に、どれだけ前の時点から集計を実行するかを時間で指定します。
Aggregate Interval集計の別のラウンドが要求されるまでの最小間隔(ミリ秒単位)を指定します。
Aggregate Max Sessions各ラウンドで集計するセッションの数を指定します。

Service Heartbeat

[Service Heartbeat]セクションには次のパラメータがあります。

                     
パラメータ説明
Heartbeat Error Restartサービス エラーの後、サービスへの再接続を試行する前に待機する秒数を指定します。
Heartbeat Next Attemptサービスの再接続を試みる前に待機する秒数を指定します。
Heartbeat No Responseハートビートに応答しないサービスをオフラインにする前に待機する秒数を指定します。

ファイル

[サービス]の[構成]ビューにある[ファイル]タブでは、Archiverのサービス構成ファイルをテキスト ファイルとして編集できます。編集可能なファイルは、構成するサービスのタイプによって異なります。

次のファイルはすべてのコア サービスに共通です。

  • サービス インデックス ファイル
  • NetWitnessファイル
  • Crash reporterファイル
  • Schedulerファイル
  • フィード定義ファイル

ファイル]タブの詳細については、「ホストおよびサービス スタート ガイド」の「[ファイル]タブ」トピックを参照してください、

You are here
Table of Contents > Archiverの参考情報 > [サービス]の[構成]ビュー:Archiver

Attachments

    Outcomes