[Archiverコレクション]ダイアログ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

Archiverの[管理]>[サービス]>[構成]ビュー>[データ保存]タブでは、管理者がログ保存とストレージの基準を定義することができます。[コレクション]セクションからアクセスできる[コレクション]ダイアログで、ログのタイプごとに個別のストレージ コレクションを定義できます。たとえば、コンプライアンス用のコレクションを作成したり、重要なログだけを選択して保存するコレクションを作成できます。

ワークフロー

このワークフローは、Archiverのエンド ツー エンドのインストールおよび構成のプロセスを示しています。

Archiverのエンド ツー エンドのインストールおよび構成のプロセスを示すArchiverワークフロー。

実行したいことは何ですか?

                  
ロール実行したいこと方法を確認する...
管理者
  • Archiverコレクションの構成
  • Archiverのストレージとログ保存の構成

    関連トピック

    Archiverのストレージとログ保存の構成

    簡単な説明

    [コレクション]ダイアログにアクセスするには、次の手順を実行します。

    1. [管理]>[サービス]に移動します。
    2. Archiverサービスを選択し、>[表示]>[構成]を選択します。
    3. 選択したサービスの[サービス]の[構成]ビューで、[データ保存]タブをクリックします。
    4. [コレクション]セクションで、をクリックします。
      [コレクション]ダイアログが表示されます。

    [コレクション]ダイアログが表示されます。

    注: コレクションのストレージ割り当てを減らしたり保存期間を短くしたりすると、移動(ロールオーバー)するデータの量によっては、データを移動して領域を使用できるようになるまでに数分から数時間かかることがあります。デフォルトでは、サイズ ロールオーバーは20分ごと、タイム ロールオーバーは6時間ごとに行われます。

    次の表に、[コレクション]ダイアログのフィールドを示します。

                                           
    フィールド説明
    コレクション名

    コレクションの名前を指定します(例:Compliance、MediumValue、LowValue)。

    Hotストレージ

    このコレクション用のHotストレージの最大サイズまたは割合を指定します。このフィールドの横に、Hotストレージに使用できる空きスペースとHotストレージの合計容量が表示されます。ログのサイズがHotストレージの最大サイズに達すると、ログが削除されるか、使用可能な次のストレージ階層(WarmまたはCold)にロールオーバーされます。

    Warmストレージ

    (オプション)このコレクション用のWarmストレージの最大サイズまたは割合を指定します。このフィールドの横に、Warmストレージに使用できる空きスペースとWarmストレージの合計容量が表示されます。ログのサイズがWarmストレージの最大サイズに達すると、ログが削除されるか、使用可能なColdストレージにロールオーバーされます。

    Coldストレージ(オプション)このコレクションでColdストレージを使用するかどうかを指定します。コレクションにColdストレージを使用する場合、指定されたサイズと保存制限外のログがColdストレージにロールオーバーします。Coldストレージを使用しない場合、指定されたサイズと保存制限外のログは削除されます。

    保存

    (オプション)ログを保存する日数を指定します。この日数を超えたログは削除されるかColdストレージにロールオーバーされます。HotストレージとWarmストレージについては、コレクションのサイズと保存期間のどちらの条件を先に満たしたかに基づいて、それらの設定を相互にオーバーライドできます。

    圧縮コレクション内のメタとRAW ログに使用する圧縮のタイプを指定します。スペースを節約するために、GZIPまたはLZMAを使用してメタとRAW ログを圧縮できます。GZIPの圧縮と解凍は非常に高速ですが、LZMAほどには圧縮されません。LZMAは圧縮率が優れていますが、解凍速度が遅くなります(GZIPの約3倍の時間がかかります)。圧縮率はデータに大きく依存します。デフォルトの圧縮方法はGZIPです。

    ハッシュ

     

    ハッシュを有効にするか無効にするかを指定します。有効にした場合、保存するファイルのデータ整合性を検証するためにハッシュ アルゴリズムが使用されます。

    You are here
    Table of Contents > Archiverの参考情報 > [Archiverコレクション]ダイアログ

    Attachments

      Outcomes