Context Hub:リストのインポートまたはエクスポート

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

管理者は、Context Hubサービスで構成されたリストをアナリストが使用できるようインポートまたはエクスポートできます。インポートまたはエクスポートするファイルはCSVファイルで、データ ソースとして複数のリストを追加できます。

前提条件

Context Hubサービスが有効化されていて、NetWitness Suiteの[管理]>[サービス]ビューで使用できることを確認してください。

リストのインポート

リストをインポートした後は、次のタスクを実行することができます。

  • 既存のリストへの値のインポート
  • リストへの行の追加
  • リストの名前と説明の編集
  • リストの値の編集
  • リストの削除
  • リストの行の削除

注:対応する.CSVファイルに対しても同じ変更を行う必要があります。同じ変更を行うことで、スケジュールが次に実行されたタイミングで変更が反映されます。同じ変更を行わずに既存の単一列または複数列のリストに値をインポートすると、スケジュールが次に実行されたタイミングで、データがソース ファイルで上書きされます。

単一列のリストのインポート

リストをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. 管理>[サービス]を選択します。
    [サービス]ビューが表示されます。
  2. サービス]パネルで、Context Hubサービスを選択し、>[表示]>[構成]をクリックします。
    Context Hubサービスの[構成]ビューが表示されます。
  3. リスト]タブをクリックします。
    [リスト]タブには、[リスト]パネルと[リスト値]パネルがあります。
    次のイメージは、単一列のリストの例です。
    [リスト]タブからのリストのインポートとエクスポート
  4. リスト]パネルのをクリックします。
    リストのインポート]ダイアログが表示されます。
    [リスト]タブからインポートする.CSVファイルを参照します。
  5. リストのインポート]ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. ファイルのアップロード(.CSV)]フィールドで、CSVファイルを参照して選択します。
    1. 改行コード]フィールドで、リストの値を区切る区切り文字を選択します。[Comma]、[CR](キャリッジ リターン)、[LF](改行)のオプションから選択できます。
  6. アップロード]をクリックして、CSVファイルをContext Hubにアップロードします。 

これらのリストは、コンテキスト情報を取得するデータ ソースとして考慮されます。既存の複数列のリストに追加することができます。列数が一致している場合にのみ、データが追加されます。

注: インポート操作で新しい複数列リストを作成することはできません。複数列リストをインポートする方法については、「 Context HubのListデータ ソースの構成」を参照してください。。

既存のリストへの値のインポート

既存の複数列リストにインポートすると、スケジュールが次に実行されたタイミングでデータが上書きされます。

値をリストにインポートするには:

  1. 管理>[サービス]に移動します。
    [サービス]ビューが表示されます。
  2. サービスを選択し、>[表示]>[構成]をクリックします。
    Context Hubサービスの[構成]ビューが表示されます。
  3. リスト]タブをクリックします。
    [リスト]タブには、[リスト]パネルと[リスト値]パネルがあります。
  4. [リスト]パネルで、値をインポートするリストを選択します。
  5. リスト値]パネルのをクリックします。
    リストのインポート]ダイアログが表示されます。
  6. リストのインポート]ダイアログで、次の手順を実行します。
    1. ファイルのアップロード(CSV)]フィールドで、CSVファイルを参照して選択します。
    2. 改行コード]フィールドで、リストの値を区切る区切り文字を選択します。[Comma]、[CR](キャリッジ リターン)、[LF](改行)のオプションから選択できます。
  7. アップロード]をクリックして、CSVファイルをNetWitness Suiteにアップロードします。

選択したリストにリスト値がインポートされます。これらのリストは、コンテキスト情報を取得するデータ ソースとして考慮されます。既存の複数列のリストに追加することができます。列数が一致している場合にのみ、データが追加されます。

Context Hubのリストのエクスポート

リストをエクスポートするには、次の手順を実行します。

  1. Context Hubサービスの[構成]ビューにある[リスト]タブで、をクリックします。
    エクスポート]ダイアログが表示されます。
    [リスト]タブからエクスポートされたファイルの区切り文字を選択します。
  2. 改行コード]フィールドで、エクスポートしたリストの値を区切る区切り文字を選択します。[Comma]、[CR](キャリッジ リターン)、[LF](改行)をドロップダウンから選択できます。
  3. エクスポート]をクリックします。

単一列リストの場合は区切り文字を指定できます。複数列リストの場合は、リストがCSVファイルとしてローカル マシンにエクスポートされます。

Previous Topic:Context Hubの管理
You are here
Table of Contents > Context Hubの管理 > Context Hubのリストのインポートとエクスポート

Attachments

    Outcomes