Context Hub:Respondをデータ ソースとして構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 18, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Apr 29, 2019
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
 

RespondをContext Hubのデータ ソースとして構成し、Context Hubサーバを使用してRespondサービスからコンテキスト情報をフェッチすることができます。Respondサービスをシステムに構成済みの場合、Respondをデータ ソースとして追加する際に、構成情報が自動入力されます。RespondをContext Hubサービスのデータ ソースとして追加して設定を構成するには、本トピックの手順を使用します。

前提条件

Respondデータ ソースを構成する前に次のことを確認します。

  • NetWitness Platformの[管理]>[サービス]ビューでContext Hubサービスが使用できること。
  • Respondサービスが使用できること。

RespondをContext Hubのデータ ソースとして追加するには、次の手順を実行します。

  1. 管理]>[サービス]に移動します。
    [サービス]ビューが表示されます。
  2. Context Hubサービスを選択して[]>[表示]>[構成]をクリックします。
    Context Hubの[サービス]の[構成]ビューが表示されます。
  3. データ ソース]タブで、[]>[Respond]をクリックします。
    データ ソースの追加]ダイアログが表示されます。
    Added Respond Data Source dialog

Respondデータ ソースの構成に必須の入力フィールドが自動的に入力されます。

  1. 接続のテスト]をクリックして、Context Hubとデータ ソースとの接続をテストします。
  2. 保存]をクリックします。
    RespondがContext Hubのデータ ソースとして追加され、追加されたRespondデータ ソースが[データ ソース]タブに表示されます。
    Respond Data source added

データ ソースを追加したら、設定を構成できます。詳細については、「Context Hubのデータ ソース設定の構成 」を参照してください。

次のステップ 

構成を完了すると、[対応]ビューまたは[調査]ビューの[コンテキスト サマリ]パネルにコンテキスト データを表示できます。詳細については、「RSA NetWitness Respondユーザ ガイド」と「RSA NetWitness InvestigationおよびMalware Analysisガイド」を参照してください。

You are here
Table of Contents > Respondデータ ソースの構成

Attachments

    Outcomes