データベースのチューニング:付録B:インデックス調査

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

NetWitnessコア データベース インデックスには、インデックスの構成に関する詳細情報を提供する「 inspect 」と呼ばれる組み込みのデバッグ機能があります。インデックス調査機能は、各コア サービスの構成ツリーの /index/inspect に配置されています。実際にはインデックスを持たないサービス(Brokerなど)には、 /index/inspect 機能はありません。

パラメータ

オプション

次のように入力します。文字列 このパラメータは、インデックス内のすべてのスライスに関するinspect情報を収集する「 all-slices 」という値に設定できます。設定されていない場合は、直近に作成された現行のスライスに関する情報が返されます。

多数のインデックス スライスがある場合は、すべてのスライスに関する情報の収集が完了するまでに長時間かかることがあります。

レスポンス

inspectは、インデックスの状態を表すキー/値のペアの多数の行を返します。

スライス サマリ

スライスごとに返される最初の行は、次の値を持つサマリです。

                 
session1 スライス内にインデックスされている最初のセッションID
session2 スライス内にインデックスされている最後のセッションID
meta1 スライス内にインデックスされている最初のセッションの最初のメタID
meta2 スライス内にインデックスされている最後のセッションの最後のメタID

インデックスごとのサマリ

各インデックスに対して返されるインデックスごとのサマリ行があります。レポートされるのは値レベルのインデックスのみです。

                                                 
key インデックスのメタ キー名
pathname このインデックスの、ディスク上でのパス
values このインデックスに格納されている一意の値の数
summaries このインデックスがsummary.dbファイル内で占有しているサマリ エントリーの数
pages このインデックスがpage.dbファイル内で占有しているページ エントリーの数
sessions このインデックスに値を挿入したセッションの数
size このインデックスに値を挿入したすべてのセッションの「size」メタ値の累積値
packets このインデックスに値を挿入したすべてのセッションのパケットの累積数
summary1 このインデックスで使用されている最初のサマリID
summary2 このインデックスで使用されている最後のサマリID
session1 このインデックスで参照されている最初のセッションID
session2 このインデックスで参照されている最後のセッションID

スライス サマリ フッター

inspectの各レポートの最終行には、そのスライス内のすべてのインデックスの累積統計があります。

             
totalKeys インデックスされているメタ キーの数
totalValues このスライス内のすべてのインデックスでトラッキングされている一意の値の数
totalMemory このインデックス スライスを開くために必要なメモリの合計概算
Previous Topic:付録A:統計情報
You are here
Table of Contents > 付録B:インデックス調査

Attachments

    Outcomes