パーサ マッピングの管理

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

パーサ マッピングの管理]ダイアログでは、選択したイベント ソース アドレスに対して適切なパーサをマップできます。[詳細]ビューから、[マップ]ボタンを選択します。[パーサ マッピングの管理]ダイアログが表示されます。

ワークフロー

新しいDecoderまたはLog Decoderに必要な構成ステップと、イベント ソース タイプを表示、確認、マッピングするためのタスクについて説明します。

どうしますか?

                  
ロール処理オプション...ドキュメント
管理者

選択したイベント ソース アドレスのパーサをマップします。

[詳細]ビュー

簡単な説明

パーサ マッピングの管理]ダイアログにアクセスするには:

  • 詳細]ビューから、[マップ]ボタンを選択します。

パーサ マッピングの管理]ダイアログが表示されます。

これが[パーサ マッピングの管理]ダイアログの例です。

                     
1検出]ビューから、選択したイベント ソースに基づいてマップできる、すべての使用可能で有効なパーサが表示されます。
2

選択したイベント ソースまたは検出されたパーサのLog Decoderにすでに存在するマッピングが表示されます。

使用可能なパーサをフィルターするには、マップするパーサ名の最初の数文字を入力します。
マッピングに追加]ボタンをクリックすると、右側のパネルに一覧表示されているパーサ マッピングにパーサが追加されます。

3

選択したパーサ マッピングの順序が表示されます。

上矢印キーと下Down矢印キーを使用して、パーサ マッピングの順序を変更することができます。
マイナス記号([削除]アイコン)を選択することで、パーサ マッピングを削除できます。
複数のマッピングを選択してグループ操作を実行するには、Ctrlキーを押します。

4

すべてのLog Decoderにマッピングを保存するには、[保存]をクリックします。マッピングが正常に保存されたことを示すポップアップ メッセージが表示されます。ウィンドウを閉じると、[詳細]タブのバナーが更新され、ステータスが反映されます。マップされると、[マッピングあり]というテキストが表示されます。
キャンセル]をクリックして[詳細]タブに戻ります。

LCIDによる詳細構成

LCIDが存在する場合、イベント ソースはその存在を無視します。LCIDによるエントリーまたはサブエントリーのマッピング構成は、[パーサ マッピング]ウィンドウに表示されません。マッピングが保存されると、対応するLCIDエントリーではなく、対応するIPアドレスに保存されます。IPアドレスのマッピングが見つからない場合、検出されたイベント ソース タイプが[パーサ マッピング]ウィンドウに表示されます。

詳細構成が検出されたときにLog Decoderからパーサ マッピングを取得する際に問題が発生した場合は、[パーサ マッピングの管理]ダイアログに下の図のようなエラー メッセージが表示されます。

これがエラー メッセージが表示された[パーサ マッピングの管理]ダイアログの例です。

You are here
Table of Contents > パーサ マッピングの管理

Attachments

    Outcomes