Decoder:インストールされているコンテンツのCPU使用率統計の有効化

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

NetWitness Suite 11.0以降では、Decoderは、すべてのインストールされているコンテンツのCPU使用率統計を提供します。これにより、パーサ、フィード、アプリケーション ルール、構文スキャンによるCPU使用時間を明らかにすることができます。/decoder/parsers/config/detailed.statsが有効になっていて、Decoderが統計情報を収集している場合に、統計情報は[エクスプローラ]ビューのサービス ツリーの[統計情報]ノードとして表示されます。

それぞれのコンテンツは、実行する解析スレッドの数に関係なく、単一のパーセント値(0~100)として扱われます。このパーセンテージは、すべてのスレッド間のコンテンツのCPU使用率の平均値を表します。

使用率統計のモニタリングを有効化するには、次の手順を実行します。

  1. Decoderの[エクスプローラ]ビューに移動して/decoder/parsers/config/detailed.statsパラメータを選択します。
  2. 値を[有効]に変更します。Decoderがデータを収集していない場合、収集を開始します。
    [エクスプローラ]ビューでDecoderの[統計情報]ノードを開くと、新しい統計情報が表示されます。
You are here
Table of Contents > DecoderおよびLog Decoderのための追加の手順 > インストールされているコンテンツのCPU使用率統計の有効化

Attachments

    Outcomes