ESA構成:ESAサービスの起動、停止、再起動

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、Event Stream Analysisサービスを起動、停止、再起動する手順について説明します。この手順はESA Correlation Rulesに適用されます。

ESAサービスの起動

開始する前に

  • MongoDBが実行中であることを確認します。 
  • MongoDBサービスが実行中でない場合は、次のコマンドでMongoDBサービスを起動します。
    systemctl start mongod

ESAサービスを起動する方法

  1. sshを使用してESAサービスに接続し、rootユーザとしてログインします。
  2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
    systemctl start rsa-nw-esa-server

ESAサービスの停止

ESAサービスを停止するには:

  1.  sshを使用してESAサービスに接続し、rootユーザとしてログインします。
  2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
    systemctl stop rsa-nw-esa-server

ESAサービスの再起動

ESAサービスを再起動するには:

  1. sshを使用してESAサービスに接続し、rootユーザとしてログインします。
  2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
    systemctl restart rsa-nw-esa-server
You are here
Table of Contents > ESA相関ルールのその他の処理手順 > ESAサービスの起動、停止、再起動

Attachments

    Outcomes