ESM:[検出]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このタブにアクセスするには、NetWitnessで[管理]>[イベント ソース]に移動します。[検出]タブが表示されます。

[検出]タブでは、NetWitnessが各アドレスについて検出したイベント ソース タイプと、システムがどの程度完全に正確に識別されているかに関するシステムの信頼度を確認できます。検出されたイベント ソース タイプが正しい場合は、そのイベント ソースを除外することを確認することができます。正しくない場合は、特定のアドレスに対して許可されたイベント ソース タイプを設定して、今後のログが正しいパーサに対して解析を行うようにすることができます。

ワークフロー

このワークフローは、イベント ソース構成の全体的なプロセスを示しています。

Workflow shows the overall process for configuring event sources.

どうしますか?

                       
ロール処理オプション...ドキュメント
管理者

検出されたイベント ソース タイプが正しいことを確認します。

イベント ソースの確認とマッピング

管理者 検出されたタイプが完全に正確でない場合は、イベント ソースに使用するパーサをマップします。

イベント ソースの確認とマッピング

関連トピック

パーサ マッピングの管理

[詳細]ビュー

簡単な説明

次の例では、アドレスと、検出されたイベント ソース タイプのリストを表示します。イベント ソース タイプには、検出されたイベント ソースが表示されます。

これは、タブの例です。

                                             
1[検出]タブが開いた状態で[イベント ソース]パネルを表示します。
2選択したイベント ソースの詳細を表示する[詳細の表示]ボタンです。
3選択したイベント ソースのアドレスを表示します。
4選択したイベント ソースの検出スコアを表示します。
5選択したイベント ソースが確認されたかどうかを表示します。
6選択したイベント ソースのマッピング タイプを「自動」、「手動によるマップ」、「なし」のいずれかとして表示します。マッピングに対する変更が表示されるのはここだけです。
7イベント ソースがあるLog Collectorのホスト名を表示します。
8イベント ソースがあるLog Decoderのホスト名を表示します。
9検出されたイベント ソース タイプと、関連する検出スコアを表示します。
10選択したイベント ソースを確認してマップするオプションのある[確認済みを表示]および[割り当て済みを表示]フィルタを表示します。

ツールバーと機能

[検出]タブには、次の機能が含まれています。

                                           
フィールド説明

ツール


ツールバーでは、次のアイテムを使用できます。

詳細の表示]:選択したイベント ソースの詳細を表示します。

イベント ソース

イベント ソースのIP、IPv6、ホスト名。

検出スコア

特定のアドレスに関連づけられた検出スコア全体を表示します。スコアが高いほど、信頼度が高いことを表します。検出スコアの範囲は、0(最も低い信頼度)~100(最も高い信頼度)です。

確認済み 選択肢は、[はい](イベント ソースを確認済み)または[
いいえ](イベント ソースを確認していない)です。

マッピングあり

選択肢は、[手動によるマップ](イベント ソースをマップ済み)または[なし](イベント ソースをマップしていない)です。
Log Collector

このイベント ソース アドレスからログを受信したLog Collectorです。

Log Decoder このイベント ソース アドレスからログを受信したLog Decoderです。
イベント ソース タイプ イベント ソース アドレスの解析されたタイプと、対応する各タイプの検出スコアです。

注:検出スコアは、Log Decoder 11.0.0.0以上でのみ使用できます。Log Decoder 11.0.0.0より前の検出スコアは、[使用不可]として表示されます。

次の表に、検出スコアのソート順序を示します。[ソート順序]ドロップダウン メニューにアクセスするには、[イベント ソース]列の下矢印をクリックします。

                       
フィールド説明

昇順でソート

昇順の検出スコアで列をソートします。

降順でソート

降順の検出スコアで列をソートします。

次の例に示すように、1つまたは複数の列の非表示と表示を切り替えるために使用されます。

Example of event source sorting drop-down menu.

 

You are here
Table of Contents > 参考情報 > ESM:[検出]タブ

Attachments

    Outcomes