ホストGS:Brokerサービスの構成

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 3Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、NetWitness Suite Brokerの構成パラメータについて説明します。

次の表に、Broker構成パラメータのリストと説明を示します。

                                                       
Brokerのパラメータ フィールド説明
Broker /broker/configについて「集計の構成パラメータ」を参照
aggregate.interval.behind Brokerの処理が遅れている場合に集計の別のラウンドが要求されるまでの最小間隔(ミリ秒単位)。  変更は即座に有効になります。
Database /database/configについて「NetWitness Suiteコア サービス データベース チューニング ガイド」の「データベース構成ノード」を参照
Index /index/config
index.dir Brokerのデバイス マッピング ファイルが格納されるディレクトリ。  サービスを再起動すると変更が有効になります。
language.filename 起動時にロードされるインデックスの言語仕様(XML)。変更を反映するには、サービスを再起動する必要があります。
Logs /logs/configについて「コア サービスのログ構成パラメータ」を参照
REST /rest/configについて「RESTインタフェースの構成パラメータ」を参照
SDK /sdk/configについて「NetWitness Suiteコア サービス データベース チューニング ガイド」の「SDK構成ノード」および「ホストGS:NetWitness Platformコア サービスのsystem.rolesモード」を参照
Services /services/<service name>/configについて「コア サービス間接続の構成パラメータ」を参照
System /sys/configについて「コア サービスのシステム構成パラメータ」を参照
You are here
Table of Contents > 参考情報 > サービス構成パラメータ > Brokerサービスの構成パラメータ

Attachments

    Outcomes