ホストGS:[サービスの追加]または[サービスの編集]ダイアログ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Jul 10, 2019
Version 6Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、[管理]の[サービス]ビュー([管理]>[サービス])からアクセスできる[サービスの編集]ダイアログについて説明します。

NetWitness Platformサービスは、NetWitness Platformで自動的に検出されます。

[サービスの編集]ダイアログでは、サービスを変更できます。[サービスの編集]ダイアログにアクセスするには、[管理]>[サービス]に移動し、[サービス]パネルのツールバーでをクリックします。 

This is the Edit Service dialog

サービスに関連する手順については、「ホストとサービスの手順」を参照してください。

機能

この表は、[サービスの追加]ダイアログまたは[サービスの編集]ダイアログの機能について説明しています。

                                                   
フィールドまたはオプション説明
サービスサービスのタイプを表示します。次のサービスを追加できます。Archiver、Broker、Concentrator、Decoder、Event Stream Analysis、Incident Management、IPDB Extractor、Log Collector、Log Decoder、Malware Analysis、Reporting Engine、Warehouse Connector、Workbench。
ホストサービスが存在するホストを指定します。
名前サービスを識別する名前を指定します。例:Broker。サービスには、分かりやすい名前を付けておくと管理が容易になります。たとえば、([ホスト]フィールドで指定する)ホスト名やIPアドレスを名前の中で使用すると便利な場合があります。
ポートこのサービスとの通信に使用するポートを指定します。[サービス]フィールドで選択したサービス タイプに基づいて、デフォルト ポートが自動入力されます。[SSL]を選択すると、このポートはSSLポートになります。[SSL]を選択しないと、非SSLポートになります。このポートは任意の値に変更できますが、その場合はファイアウォールで追加するポートを開く必要があります。ポートの詳細については、『導入ガイド』の「ネットワーク アーキテクチャとポート」を参照してください。
SSLNetWitness Platformがこのサービスとの通信にSSLを使用する場合に指定します。
ユーザ名このサービスにログインするためのユーザ名を指定します。デフォルトのユーザ名はadminです。
パスワードこのサービスにログインするためのパスワードを指定します。デフォルトのパスワードはnetwitnessです。
接続のテスト追加するサービスの接続をテストします。
キャンセル[サービスの追加]または[サービスの編集]ダイアログを閉じます。サービスを保存しないでダイアログを閉じると、サービスは追加されません。
保存新しいサービスを保存します。

You are here
Table of Contents > 参考情報 > [サービス]ビュー > [サービスの編集]ダイアログ

Attachments

    Outcomes