ホストGS:ゲージ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development on Oct 19, 2018
Version 4Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、[サービス]の[統計]ビューにある[ゲージ]セクションの機能について説明します。

[サービス]の[統計]ビューの[ゲージ]セクションでは、統計情報がアナログ ゲージ形式で表示されます。[統計チャート トレイ]にある使用可能な統計はどれでも[ゲージ]セクションにドラッグできます。個々のゲージのプロパティは編集可能です。すべてのゲージでタイトルを編集できます。さらに編集可能なプロパティがあるものもあります。  

[サービス]の[統計]ビューにアクセスする方法

  1. NetWitness Suiteメニューで、[管理]>[サービス]を選択します。
    [管理]の[サービス]ビューが表示されます。 
  2. サービスを選択し、The actions drop-down[表示]>[統計]の順に選択します。
    [サービス]の[統計]ビューには[ゲージ]セクションが含まれます。 

次の図は、Log Decoderの[サービス]の[統計]ビューにあるデフォルトのゲージを表しています。

This is an example of the Gauges section.

機能

デフォルトのゲージでは次の統計が表示されます。

  • 処理メモリの使用量
  • CPUの使用率
  • 処理メモリの使用量の最大値

ゲージ タイトル バーと各ゲージにあるコントロールは、標準ダッシュレット コントロールです。

  • ゲージ タイトル バーでは、セクションを展開または折りたたみ表示をしたり、ページを前後に移動できます。
  • 各ゲージでは、プロパティを編集(The properties icon)したり、ゲージを削除(The delete dashlet icon)したりすることができます。
You are here
Table of Contents > 参考情報 > [サービス]ビュー > [サービス]の[統計]ビュー > ゲージ

Attachments

    Outcomes