ホストGS:[Applianceサービス構成]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

このトピックでは、NetWitness Suite Core Applianceサービスで利用可能な構成パラメータを一覧して説明します。NetWitness Suite Core Applianceサービスでは、従来のNetWitnessハードウェアのハードウェア モニタリングを提供します。

Archiver、Broker、Concentrator、Decoder、Log Collector、Log Decoderサービスの[構成]ビューには、[Applianceサービス構成]タブがあります。

[Applianceサービス構成]タブにアクセスするには、次の手順に従います。

  1. NetWitness Suiteで、[管理]>[サービス]に移動します。
    [管理]の[サービス]ビューが表示されます。
  2. サービスを選択し、The actions drop-down menu [表示]>[構成]を選択します。
    Archiverサービスの[構成]ビューが表示されます。 
  3. Applianceサービス構成]タブをクリックします。

これは、Archiverの[Applianceサービス構成]タブの例です。

This is the Appliance Service Configuration tab.

                                           
名前構成値の説明変更が有効になるタイミング
圧縮指定した正の数(バイト単位)に到達すると、メッセージが圧縮されます。 このサービスに次回接続するとき。
ポート暗号化されていないリスニング ポート。0はポートが無効であることを示します。サービスの再起動時。
SSL FIPS ModeFIPS(連邦情報処理標準)を有効または無効にするために必要なパラメータの1つ。 詳細な手順については、RSA NetWitness® Suiteシステム メンテナンス ガイドの「FIPSのアクティブ化または非アクティブ化」を参照してください。 サービスの再起動時。
SSLポート SSL(Secure Sockets Layer)のリスニング ポート。
0はポートが無効であることを示します。SSLは、Webサーバとブラウザの間に暗号化されたリンクを確立するための標準のセキュリティ テクノロジーです。このリンクにより、Webサーバとブラウザ間で渡されるすべてのデータのプライバシーと一体性が維持されます。
サービスの再起動時。
統計情報の更新間隔 ヘルスモニタの監視用にシステムが統計ノードを更新する頻度(ミリ秒単位)。 即時。
スレッドリクエストを処理するために使用する必要があるスレッド プール内のスレッド。[スレッド]パラメータはイベントおよびログ スレッドの[ポーリング間隔]パラメータを使用します。即時。

トピック

Applianceサービス構成パラメータ

 

You are here
Table of Contents > ホストGS:参考情報 > [サービス]ビュー > [サービス]の[構成]ビュー > [Applianceサービス構成]タブ

Attachments

    Outcomes