ホストGS:NetWitness Platformコア サービスのsystem.rolesモード

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Apr 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Jul 10, 2019
Version 5Show Document
  • View in full screen mode
 

すべてのNetWitness Platformコア サービスはロール ベースのアクセス許可モードを提供します。このトピックでは、使用可能なモードと、各サービスでの構成方法について説明します。

/sdk/config/system.roles構成ノードでは、メタおよびコンテンツに対するクエリと閲覧の権限をキー単位で設定します。このパラメータはデータ プライバシ管理機能をサポートします。ゼロ以外のいずれか1つの値を指定して有効化することにより、データ プライバシー責任者が特定のメタ キーとコンテンツへのアクセスを制御することができます。このパラメータは、NetWitness Platformユーザ インタフェースから構成可能です(詳細については、「データ プライバシー管理ガイド」の「[データ プライバシー]タブ」を参照してください)。値を編集すると、変更がすぐに反映されます。

0の場合、SDKメタ キーに基づくサービス権限は無効化されます。

  • 0:無効

ゼロ以外の値を指定すると、データ プライバシー責任者はメタ キーを選択して、サービスの特定のユーザ ロールに対して表示するメタまたはコンテンツまたはその両方をフィルタするための、ホワイトリストまたはブラックリストとして使用できます。

  • 1:メタおよびコンテンツのホワイトリスト
  • 2:メタのホワイトリスト
  • 3:コンテンツのホワイトリスト
  • 4:メタおよびコンテンツのブラックリスト
  • 5:メタのブラックリスト
  • 6:コンテンツのブラックリスト

You are here
Table of Contents > 参考情報 > サービス構成パラメータ > NetWitness Platformコア サービスのsystem.rolesモード

Attachments

    Outcomes