ライセンス:[概要]タブ

Document created by RSA Information Design and Development on Apr 19, 2018
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
 

[概要]タブ([システム]ビュー>[概要]タブ)には、ライセンスのステータスを確認するために必要な情報と、現在のライセンス統計が表示されます。

ワークフロー

このワークフローは、エンド ツー エンドのライセンス取得プロセスを示しています。

エンド ツー エンドのライセンス ワークフローが表示されます。

実行したいことは何ですか?

                       
ロール実行したいこと手順
管理者

*ライセンス ステータスの確認

概要]タブを選択して、サービス ベース ライセンスおよび従量制ライセンスの現在のステータスを監視および更新します。

管理者 *現在のライセンス統計の表示

ライセンス アクション]ドロップダウン メニューから[使用統計のエクスポート]を選択します。

*このタスクはここで実行できます。

関連トピック

簡単な説明

概要]タブには、[ライセンス アクション]メニューと次の2つのパネルが表示されています。

  • サービス ベース ライセンス
  • 従量制ライセンス

注:初回起動後の最初の1時間は、[ライセンス]ページに表示される使用量はゼロになります。

 

[概要]タブには、サービス ベース ライセンスおよび従量制ライセンスの現在のライセンス ステータスが表示されます。

 

次の表で、[概要]タブについて説明します。

                             
1サービス ベース ライセンスのステータスが表示されます。

次の5つのステータスがあります。

  • ライセンスあり
  • ライセンス期限切れ間近
  • ライセンス期限切れ
  • 評価版ライセンス 
  • ライセンスなし
2サービス ベース ライセンスが割り当てられているサービスのタイプが表示されます。
3使用可能なサービス ベース ライセンスの数を、昇順または降順にソートできます。
4

従量制ライセンスのステータスが表示されます。

次の6つのステータスがあります。

  • ライセンス期限切れ
  • 使用量制限超過
  • 使用量制限間近
  • 使用量制限内
  • 評価版ライセンス
  • ライセンス期限切れ間近
5従量制ライセンスが割り当てられているサービスのタイプが表示されます。
6

次のオプションがある[ライセンス アクション]メニューが表示されます。

ライセンスの更新: 最新の情報を表示するために、[概要]タブを更新します。

使用統計のエクスポート: ライセンスの使用統計をエクスポートします。

使用統計のエクスポート 

NetWitness Suiteバージョン11.0.0.0では、管理者がサービスの現在の使用統計を表示できる機能が提供されています。管理者は、ライセンスの使用統計をCSVおよびPDFの形式で取得できます。

提供されるデータには、NetWitnessサーバに接続しているサポート対象サービスについて、1時間毎に収集した統計が記録されています。 

メトリックを安全にトラッキングできるよう、管理者は自分のローカル システムにデータを保存して、使用量についてのコンプライアンス報告の作成に利用できます。

次の例は、[使用統計のエクスポート]ダイアログを示しています。

使用統計のエクスポート]ダイアログにアクセスするには、次の操作を行います。

  1. ライセンス アクション]ボタンをクリックします。
  2. ダイアログ ボックスで、ライセンス使用統計に必要な[ライセンス タイプ]、[事前設定された範囲]、[日付範囲]、[保存形式]を選択します。
  3. エクスポート]をクリックすると、ライセンス使用統計が保存されます。[キャンセル]をクリックすると、[概要]タブに戻ります。

[使用統計のエクスポート]ダイアログ ボックスが表示されます。

You are here
Table of Contents > 参考情報 > [ライセンス]パネル > [概要]タブ

Attachments

    Outcomes