Skip navigation
Log in to create and rate content, and to follow, bookmark, and share content with other members.

ライセンス:ライセンスの再割り当て

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Apr 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020
Version 5Show Document
  • View in full screen mode
 

同様のサービス ライセンスが使用可能な場合に限り、ライセンス間でサービスを移動できます。

サービスは次のライセンス間で移動できます。

  • スループット ライセンスからスループット ライセンスへ
  • スループット ライセンスからアプライアンス ライセンスへ
  • アプライアンス ライセンスからスループット ライセンスへ
  • アプライアンス ライセンスからアプライアンス ライセンスへ

注: スループット ライセンスとアプライアンス ライセンスの間を移動する場合は、各ライセンスでアクションを選択します。評価版ライセンスは移動できません。

ライセンスの移動は以下のような状況で実行します。

  1. サブスクリプション ライセンスの有効期限が切れている場合
  2. サービスの未使用のライセンスがある場合
  3. サービスの使用量を削減する必要がある場合

ライセンスを再割り当てするには、次の手順を実行します。

  1. (管理)>[システム]に移動し、[ライセンス]を選択します。

    [ライセンスの詳細]タブが表示されます。

  2. ライセンスを移動するサービスを選択します。
  3. をクリックして、[別のライセンスに再割り当て]オプションを選択します。

    [別のライセンスに再割り当て]ダイアログが開き、移動可能なライセンスのリストが表示されます。

  4. 選択したサービスに適用するライセンスを選択します。
  5. 適用]をクリックします。

注: 上記の手順は、スループット ライセンスとアプライアンス ライセンスの両方の移動に使用できます。ただし、UEBAライセンスとEndpointライセンスは移動できません。

Previous Topic:使用量トレンド
You are here
Table of Contents > [ライセンス]パネルの参照情報 > ライセンスの再割り当て

Attachments

    Outcomes