Skip navigation
Log in to create and rate content, and to follow, bookmark, and share content with other members.

ライセンス:サーバの登録(オンライン登録)

Document created by RSA Information Design and Development Employee on Apr 19, 2018Last modified by RSA Information Design and Development Employee on Dec 7, 2020
Version 5Show Document
  • View in full screen mode
 

NetWitness Platformのライセンス取得プロセスでは、NetWitness Serverを登録し、Local License Server(LLS)にライセンスをマッピングする必要があります。NetWitness PlatformとmyRSAの同期には、オンラインとオフラインの2つの方法があります。

注: デフォルトで、NetWitness PlatformはmyRSAと定期的に同期するよう構成されているため、手動で同期する必要はありません。

  1. [Software/License]ページで、ドロップダウン メニューからオーダーの場所を選択します。条件に一致する製品、販売注文、購入注文のリストが表示されます。

     

  2. 1つの項目をクリックします。

    [Order Detail]ページが表示されます。


  3. Create License Server]をクリックします。

  4. 以下のフィールドに入力します。

    • [License Server ID]フィールドにライセンス サーバIDをコピーするか、または(大文字で)入力します。
    • ID Type]ドロップ ダウンで、[ETHERNET](デフォルト値)を選択します。
    • Type]ドロップ ダウンで、[Ethernet](デフォルト値)を選択します。
    • (オプション)[Alias]フィールドに、アプライアンスIDのエイリアスを入力します。
  5. Create]をクリックします。

    [View Server]ページが表示されます。

    [View Server]ページには、すでにマッピングされたアドオンがあれば表示されます。

  1. [Map Add-Ons]をクリックします。

    [Map Add-Ons]ページが表示されます。

  2. ライセンス サーバを登録し、ライセンスの詳細を表示したら、ライセンスをマッピングする必要があります。詳細については、「ライセンスのマッピング」を参照してください。

注: デフォルトで、NetWitness PlatformホストはmyRSAと定期的に同期するよう構成されており、ネームサーバ(DNS)も指定されています。何のアクションを取る必要もありません。

注: 複数のNetWitness Platformを導入した環境で、サービスがプライマリとセカンダリ両方のNetWitness Platformホストに接続し、プライマリのNetWitness Platformでのみサービスがライセンスされている場合、セカンダリのNetWitness Platformでは同じサービスについてライセンスの有効期限切れメッセージが表示されます。メッセージを無視して、製品の使用を継続できます。

ライセンスのマッピング

ライセンスのマッピングでは、同期によってNetWitness Serverに割り当てるライセンスの数を選択します。

ライセンスをマッピングするには、次の手順を実行します。

  1. myRSAにログインします。
  2. ライセンス サーバIDをクリックして、サーバの詳細を表示します。

  3. Map Add-Ons]をクリックします。

    [Map Add-Ons]ページが表示されます。

    [Add-On]の表に、このアカウントが使用可能なすべてのライセンスの一覧が表示されます。この表には、NetWitness Platformの製品ライセンスごとに次の情報が表示されます。

    • Add-On Name:ライセンスの名前です。たとえば、SMC ConcentratorまたはSMC Decoderなど。
    • Serial Number:製品に関連づけられたシリアル番号。
    • Expiration:永続ライセンスでない場合は、有効期限の情報が表示されます。このフィールドの値は、特定の日付(2019年10月6日など)または時間範囲(90日間など)です。値が時間範囲の場合、アドオンをサーバにマッピングした時から有効期間が開始します。
    • Available Units in Line Item:そのライセンスで現在利用可能なライセンスの数。この数は、ライセンスの総数から、すでにNetWitness Serverにマッピングされたライセンスの数を引いた数です。
    • Total Units in Line Item:特定のライセンスに関連づけられたライセンスの総数。
    • Quantity to Add:特定のライセンスの数。
  4. NetWitness Serverにマッピングするライセンスの数を指定する場合は、その数を[ Quantity to Add ]列に入力します。
  5. [Map Add-Ons]をクリックします。

    [View Server]ページに、ライセンスがNetWitness Serverに正常にマッピングされたことを示すメッセージが表示されます。

    マッピングされたライセンスは、他へのマッピングができなくなり、アカウント プールから除外されます。各ライセンスの[Status]に[Waiting to add to appliance]メッセージが表示されます。この時点ではまだ、ライセンスはサーバと同期されていません。

  6. (オプション)さらにライセンスを割り当てる場合は、[ Map Add-Ons]オプションを使用します。
  7. (オプション)ライセンスを削除する場合は、[ Remove Add-Ons ]オプションを使用します。

これで、マッピングされたライセンスを同期して、NetWitness Serverに適用できる状態になりました。

現在のライセンスの表示

ライセンス取得プロセスが完了したら、NetWitness PlatformのUIで現在のライセンス ステータスを確認できます。

各NetWitness Serverは、自身に接続するサービスにライセンスを付与するライセンス サーバの機能を提供します。サービスに付与するライセンスを取得するため、ライセンスをNetWitness ServerのLocal License Server(LLS)にマッピングする必要があります。

注: ハイブリッド システム(1つのアプライアンスにConcentratorとDecoderが存在)では、各コンポーネントのライセンスを個別に付与する必要があります。

ライセンスの表示および管理

NetWitness Platformでは、使用可能なライセンスを表示して管理できます。

特定のNetWitness Platformで使用可能なライセンスを表示するには、次の手順を実行します。

  1. (管理)>[システム]に移動します。
  2. オプション パネルで、[ライセンス]を選択します。

    ライセンスの詳細]タブが表示されます。

    各ライセンスは、ライセンス タイプごとにグリッドに表示されます。ライセンスのステータスが、ステータスごとに色分けされた〇印と関連情報とともに表示されます。

You are here
Table of Contents > 初期構成 > NetWitnessサーバの同期

Attachments

    Outcomes